JR東が海外事業に初参画 英の鉄道運営権を獲得

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/10

JR東日本が初めて海外の鉄道事業の運営権を獲得しました。

JR東日本と三井物産、アベリオUK社(イギリス)の3社からなるジョイントベンチャーは、イギリスのウェストミッドランズ旅客鉄道事業の運行から切符の販売、乗務員や駅員の管理などを今年の12月から受け持つことになりました。ウェストミッドランズ旅客鉄道事業は、ロンドンからリバプール、バーミンガムの都市圏の輸送を担っています。日本での経験を生かして通勤混雑の緩和や日常的な遅延の解消に取り組むほか、新たな車両を導入するなどの提案が受け入れられました。JR東日本ではこの経験を通して、さらに海外での事業を進めたいとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
【関東大雷雨】都心で2時間に1000発の落雷観測
職務質問中に車で逃走、一緒にいた知人男性はねられ死亡
「帰り道分からない」と交番に...教師が覚醒剤使用か
花火大会会場に落雷 男女9人けが 東京・世田谷区
  • このエントリーをはてなブックマークに追加