“二冠”のユン・ジョンファン監督がJ公式で「マイベスト11」選出 シャドー起用の名手とは?

“二冠”のユン・ジョンファン監督がJ公式で「マイベスト11」選出 シャドー起用の名手とは?

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/01/13
No image

攻撃陣はセンスが光る配置 右MFにレフティーの家長昭博、シャドーに中村俊輔

セレッソ大阪を率いてルヴァン杯と天皇杯のカップ二冠を達成し、リーグ戦でもチームを3位に躍進させたユン・ジョンファン監督が、Jリーグ公式YouTubeチャンネルに登場して「マイベストイレブン」を選出している。ユン監督は個々の選手の選出理由は話さなかったものの、攻撃陣の選出には独自のセンスが光った。

GKには川崎フロンターレから韓国代表GKのチョン・ソンリョンを選出し、最終ラインは4バック。右から川崎のDFエウシーニョ、鹿島アントラーズのDF昌子源、川崎のDF谷口彰悟と選出し、左サイドバックには清水エスパルスのDF松原后を抜擢した。

中盤では、右サイドハーフに川崎からMF家長昭博を選出。中央には川崎のMF中村憲剛と、ガンバ大阪のMF井手口陽介を並べた。そして、左サイドハーフにはG大阪からMF倉田秋を選出している。初めにフォーメーションを4-4-2と話していたユン監督だったが、中盤までの2ラインの選出を終えると「シャドー」という表現でジュビロ磐田のMF中村俊輔を選び、「フォワード」として浦和レッズのFW興梠慎三を選出した。

中村俊輔をトップ下の位置で自由に動かし、興梠の抜け出しに合わせたラストパスを供給するというイメージだろうか。左右のサイドには逆足のサイドハーフを起用していることからも、中央でのパス交換からサイドハーフが中に絞って空けたスペースに、サイドバックがオーバーラップしていく攻撃パターンがユン監督の好みなのかもしれない。

C大阪でも4-4-2を採用しながら、2トップの一角であるFW柿谷曜一朗には中盤に下がるプレーや、得意な左サイドに流れるプレーも容認していた感のあるユン監督の選んだ11人は、イマジネーションあふれるチームになりそうな予感がするメンバー構成となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、ユン・ジョンファン監督が選ぶ最高の11人「マイベストチーム」

https://youtu.be/Lb24D_HOpgU

Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、ユン・ジョンファン監督が選ぶ最高の11人「マイベストチーム」

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
玉田圭司に聞くJ1昇格。「風間さんほど細かい技術的指導は初めて」
浦和がR・シルバ中国行きの舞台裏を説明「我々より全然よい条件」「彼自身、家族や親戚を養っていかなくてはいけない」
カズ級!沼津、元日本代表50歳中山雅史と契約更新
田中亜土夢、C大阪で始まる新たな挑戦。フィンランドで勝ち取った「タイトル」と「信頼」【インタビュー】
【TM・PSM日程&結果一覧】開幕に向け、トレーニングマッチが続々とスタート!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加