ひとつ屋根の下で暮らす2匹の猫 それぞれギネス世界記録に認定(米)<動画あり>

ひとつ屋根の下で暮らす2匹の猫 それぞれギネス世界記録に認定(米)<動画あり>

  • Techinsight
  • 更新日:2017/09/17
No image

ギネス世界記録に名を残すことは容易ではなく、家族の中で1人でもそんな記録を生み出すことも至難の業であろう。ところがこのほど一つ屋根の下で暮らす2匹の猫がそれぞれギネス世界記録に公式認定されたとあり、飼い主は大喜びである。『Guinness World Records』などが伝えた。

2匹の飼い猫が名誉あるギネス世界記録に認定されたのは、米ミシガン州ファーンデールで3匹の猫と暮らすウィル・パワーズさんとローランさん夫妻だ。

2歳になる“アークトゥルス”は野性味あふれる豹のような身体を持つサバンナキャットで、体高が48.4cmで体重も13.6kgと大きい。後ろ足2本で立つとローランさんの腰の位置と同じ高さになり、食卓にも余裕で前足が届く。生後2か月目から夫妻に引き取られたアークトゥルスは成長期で、大型猫らしく1日600gほどの餌を口にするそうだ。

一方、長毛種メインクーンの“シグナス”(2歳)もまるでぬいぐるみのようなフサフサした毛並みを持ち、尻尾が44.66cmと長くまるで生きたモップのようだ。常にフワフワと床を撫でるため「家の掃除をする必要がないほどだ」と夫妻は笑う。

「シグナスの尻尾はあまりにも長いので、尻尾の先だけ何かに浸かってしまったりすることもあるし、ドアの開け閉め時にも気付かず挟んでしまうこともあるから注意が必要なんです。シグナスが歩く時は尻尾を持ち上げるので、形がまるで“はてなマーク”のようになります。この2種は猫にもよりますがだいたい3歳から5歳ぐらいまでは成長が続くので、完全に成長するといったいどれぐらいの大きさになるのかは想像がつきません。」

他の1匹も合わせて3匹はとても仲が良く、特に2匹の大型の猫のためにウィルさんとローランさんはパティオならぬ「Catio」を設置し、猫たちが屋外で自由に遊べる空間を作った。また中型犬と同じサイズのペットドアを設けて、猫たちは快適に家の中と外を行き来できるという。

地元で猫の保護施設「Ferndale Cat Shelter」を運営している夫妻が、今回ギネス世界記録にアークトゥルスとシグナスを申請すると、見事2匹とも「世界一背の高い猫」と「世界一尻尾が長い猫」として公式認定された。これをきっかけに夫妻は「Ferndale Cat Shelter」を訪れ2匹とのセルフィーを希望する人々に、施設の活動支援や寄付を呼び掛けているそうだ。

世界記録に認定されたことで、地元ではすっかり有名になったアークトゥルスとシグナス。まだ成長期ゆえ、今後も記録更新となるかが楽しみなところだろう。

画像は『Guinness World Records 2017年9月11日公開 YouTube「Tallest cat and longest tail live together - Guinness World Records」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

猫カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
こういうところ、日本は確かに中国より進んでいるニャ=中国メディア
『ほんとは仲よくしたいの...』新しく家族になった子猫→ 先住猫との距離感が、もどかしかった(ノД`)♡
【動画】ネコを使ってネズミを捕ろうとしたら予想外なカオス展開に / ネット上では「涙が出るほど笑った」などの声
猫が必死におねだり...飼い主のトーストを狙う(動画)
ラグドールのティモ、門の向こう側にいるあの子に恋をする。前編。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加