お金の博物館!「イングランド銀行ミュージアム」

お金の博物館!「イングランド銀行ミュージアム」

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2017/09/15

ロンドンの金融街シティにある地下鉄駅の一つに、バンク駅(Bank Station)というのがあります。「銀行駅」なんて、ストレート過ぎる名前ですよね?!

No image

その名にたがわず、駅を出るとイングランド銀行がありますよ。日本ならば日銀と同じ機能、さすがに威風堂々な建物。

No image

もちろん関係者以外はメイン・オフィスに入れませんが、併設された博物館は平日の日中ならば誰でも入れます。入場料は無料だし、ちょっと覗いてみませんか?

No image

創設まもない1700年代の金庫は、鉄製のチェスト。かのイングランド銀行も、始まりはタンス貯金だったのかな?とか。笑

No image

18世紀にドイツからイギリスに移り住んだ作曲家のヘンデルは、音楽だけでなく実は財テクにも長けていて株でも成功したビジネスマンだった!など、興味深い展示も一杯。

No image

お金のある所には、犯罪もつきもの。これはチャールズ・ヒバートという偽札作りで荒稼ぎした人の道具箱。でも彼は結局、1819年に絞首刑となりました・・・。

No image

「あんまり歴史には興味ないなぁ」という方には、こちらの99.79%純金インゴットなどいかがでしょう?

No image

強化アクリルケースに手を入れて、直に触ったり持ち上げたり出来ます。私もトライしてみたものの、13キロもあるので持ち上げられませんでした~。

No image

全体の規模としては小さめなので小一時間もあればざっと見る事ができる、ちょっとユニークな博物館です。

The Bank of England Museum
住所:Bartholomew Lane, London EC2R 8AH
Tel:020 7601 5545
URL:http://www.bankofengland.co.uk/education/Pages/museum/visiting/default.aspx
土日祝は休業

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密
飲食店経営に手を出して地獄を見る人の「三つの共通点」
使うのは両手だけ...「耳鳴り」をその場で治すテクニックが見つかる
「これってネズミ講みたいなものですよね?」「...心が痛みます」苦悩する女性行員に思う
「くまモンつけとけば売れる」という嫌な風潮に一言!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加