【ヒドい】迷子で保健所に収容されたワンコを “迎えに来たはずの家族” が別の犬を希望 → ネット民激怒

【ヒドい】迷子で保健所に収容されたワンコを “迎えに来たはずの家族” が別の犬を希望 → ネット民激怒

  • ロケットニュース24
  • 更新日:2016/12/02
No image

ペットだって家族。1度引き受けたら、どんな事情があろうと終生面倒を見ることが大前提……なのだが、それでも多くの人が動物たちを手放しているのが現状だ。

この度も、あるワンコが家族に見捨てられた。いや、捨てられただけでなく、“残酷” とも言える仕打ちを受けた。家族はその犬を捨て、別の犬を希望したというのである。

・シェルターにワンコが収容される

米カリフォルニア州で、家のフェンスを越えて1匹のジャーマン・シェパードが逃走した。そのまま迷子になった犬は動物シェルターに保護されることになった。そしてすぐに、犬の家族がシェルターにやって来た。

「ああ、よかった。迎えに来てくれたんだ」と犬もシェルターのスタッフも思っただろう。そのときの様子が収められた動画では、飼い主の姿を見て、尻尾をちぎれんばかりに振って喜ぶワンコと、ゲージ越しに手を出して声をかける家族の姿を見ることができる。

再会できて家族も嬉しそうだ……と思ったのもつかの間、飼い主は犬を引き取りに来た訳ではないことが判明。なんとスタッフに「この犬を引き取る代わりに、他の犬を連れて帰りたい」と告げたというのだ。

・家族「シェルターに残ったほうが犬のため」

対応にあたったスタッフによると、家族はその理由を「父親の死を悲しみ、鳴いてばかりいる犬に我慢できなくなったから」と説明したそう。そして「悲しみを乗り越えるためにも、シェルターに残ったほうが犬のため」だとして、他の犬を飼い始めるという選択を取ったのだ。

動画と共に家族の言動が紹介された Facebookページには、「最低」「この家族に他の犬を引き取る資格なんてない」など多くの怒りの声が寄せられている。スタッフも家族に対して、「彼らの選択は愛じゃない」と怒りを抱いているようだ。

・犬の引き取りを希望する人も多い

しかし悪いことばかりではない。今ではズズと名付けられたこの犬は、別の動物愛護団体の元で、新たな家族を待っているもよう。そしてズズの家族を呼びかける紹介ページには「ぜひ引き取りたい」などのコメントも多く書き込まれているので、すぐに家族が見つかりそうだ。

その家ごとの事情があるかもしれないが、基本的にペットを手放してはならないはずだ。人生では何が起こるかは分からない。動物を安易に飼わないことも動物のためなのではないだろうか?

参照元:YouTubeNew York PostShelter Me(英語)、Facebook
執筆:小千谷サチ

▼多くの人を悲しませ怒らせた、「家族が迎えに来てくれた」と喜ぶズズの動画

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
愛猫のキャットフードを買いに来たのに...! 保護猫に一目惚れした男性、そのまま猫を引き取る(6枚)
【泣かれるとワンコだって心配に...】赤ちゃんの号泣にそわそわなワンコ、かわいすぎる(* ́ω`*)
犬がおもちゃをくわえながら首を振るのはなぜ?
雪だるまが勝負下着を身につけてる!? 海外ランジェリーメーカーのクリスマスCMがとってもキュートなんです♪
羨ましいくらいラブラブ。チーターを枕にしつつ、添い寝する男

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加