「コミケ92」美人コスプレイヤー特集2日目 - 行列を超えた"人の壁"ができる人気レイヤーを激写

「コミケ92」美人コスプレイヤー特集2日目 - 行列を超えた"人の壁"ができる人気レイヤーを激写

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/08/13
No image

都内・東京ビッグサイトにて開催中の世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット92」(会期:8月11~13日)。2日目となった12日の来場者は15万人に上った。2日目からは屋上展示場もコスプレエリアとして開放され、夏らしい水着をはじめ、さまざまな衣装に身を包んだコスプレイヤーのまわりには人だかりができていた。

「コミケ」では、同人誌の即売会や企業ブースはもちろん、さまざまなアニメやコミックのキャラクターに扮したコスプレイヤーたちも見どころ。そして、コスプレイヤーを撮影するためにできる、長い列も「コミケ」ではよく見られる光景だ。注目のコスプレイヤーになると、列では待ち時間が長くなりすぎるために"囲み"撮影が行われることも。

人だかりができる要因は、人気や大胆さ、話題性などさまざまだが、現場での注目度を示す"囲み"は、人気レイヤーの証ともいえる。そして"囲み"に人が集まると、そこには人の厚い"壁"ができる。その"壁"による期待感がさらに人を集めるのだが、今回はあえて"囲み"や"壁"に突撃取材を敢行。行列を超えた、"囲み""壁"のできる人気レイヤーを激写した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アニメカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「富野監督は?」「ORIGINの続編じゃないの?」『ファーストガンダム』復活に疑問の声
【コスプレ20選】50万人が来場!大盛況となったコミケ92で見つけた美人コスプレイヤー特集
渋谷で『けものフレンズ』企画展開催!舞台衣装の展示やカフェもあるよ!
【速報】東京ディズニーリゾートのクリスマス2017★ グッズの一部も公開♪
新房昭之監督、『打ち上げ花火』で"役者"陣をどうまとめ上げた? - 俳優と声優、それぞれの存在感と演技の魅力語る「生っぽさが全体の空気を決めている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加