トワイライトエクスプレスの内装を再現したホテルが大阪・阿倍野に開業

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/10/11

かつて大阪〜札幌間を約22時間かけて走り、2015年3月に惜しまれながら定期運行を終了した寝台特急「トワイライトエクスプレス」(関連記事)。JR西日本ファーストキャビンが、この寝台特急の内装をコンセプトルームとして再現したホテル「ファーストキャビンステーション あべの荘」を10月28日に開業する。

プレミアムクラスにトワイライトエクスプレスの内装を再現した客室を用意

ファーストキャビンステーションは、カプセルホテル形態ながら旅客機のキャビン型座席をイメージした空間作りで施設数を増やしているファーストキャビンの新ブランド。ファーストキャビンステーション あべの荘はその1号店として、ファーストキャビンと西日本旅客鉄道(JR西日本)が出資したJR西日本ファーストキャビンが事業運営を行う。

場所は大阪府大阪市阿倍野区松崎町2丁目。JR天王寺駅から徒歩6分、大阪市営地下鉄御堂筋線天王寺駅と近鉄阿部野橋駅から徒歩2分の場所にある。客室(キャビン)は129室。広さや設備に応じてプレミアム、ファースト、ビジネスの3クラスを用意する。最上位のプレミアムクラスには、トワイライトエクスプレスの内装を再現したコンセプトルームを2室設ける。また、共用部には開放的な庭園エリアやラウンジ、大浴場もある。

約4.4平方メートルのファーストクラス

上段がファーストクラス、下段がビジネスクラス

共用部の庭園エリア

宿泊料金はビジネスクラス(約2.5平方メートル)で1泊5900円(税込、以下同)から。プレミアムクラスはツイン/ダブルベッド仕様で1万6000円から。1時間900円(ビジネスクラスで1回2時間から)のショートステイも行える。

JR西日本の豪華列車「TWILIGHT EXPRESS瑞風」にも乗りたいですね

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テルモの医薬品工場 機械に上半身挟まれ男性死亡
パートナーに蹴られた盲導犬、無事保護され嬉しそうに駆け回る姿が公開!
元若島津の二所ノ関親方 命別条なし 頭部緊急手術受けるも...
診察時の大腸がんの情報 担当医に伝わらず患者死亡
台風21号の接近が早くなりました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加