名捕手モリーナとセントルイス、また感動的シーン演出「一流」「素晴らしい」

名捕手モリーナとセントルイス、また感動的シーン演出「一流」「素晴らしい」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/08/14
No image

カージナルスのヤディアー・モリーナ【写真:Getty Images】

5月にトレード移籍の元同僚を“歓待”、スタンディングオベーションで迎える

カージナルスのヤディアー・モリーナ捕手、アダム・ウェインライト投手、そしてファンが見せた一流の“歓待”が話題となっている。

感動的な場面が訪れたのは、11日(日本時間12日)の本拠地ブレーブス戦だった。0-0で訪れた2回。無死一塁でマット・アダムスが打席に入ると、スタンドから拍手が沸き起こった。捕手のモリーナが立ち上がり、先発のウェインライトがマウンド後方へと歩き始めると、歓声はさらに大きくなり、スタンディングオベーションに変わった。

アダムスは2009年にカージナルスに入団。ドラフト23巡目、全体699位という下位での指名ながら、マイナーで頭角を現し、2012年にメジャーデビューを果たした。度重なる怪我に苦しみながら、一塁手のレギュラーとして活躍したシーズンも。昨年は118試合出場で16本塁打、54打点をマーク。今季もカージナルスでプレーしていたが、5月20日にブレーブスへとトレードされていた。

移籍後、新天地では66試合で打率.271、15本塁打、44打点と活躍。そして、これがトレード後初の古巣本拠地での試合。“凱旋”の舞台だった。

野球熱が高いことで知られる、カージナルス本拠地のセントルイス。ブッシュ・スタジアムに集まったファンは、打席へと向かうアダムスを拍手で迎えた。そして、モリーナとウェインライトが間を作ると、その歓声は一段と大きくなった。バッテリーは、アダムスが古巣ファンから拍手を浴びる時間を作るため、粋な計らいを見せたのだ。

マウンド方向へと歩き出したモリーナは、途中で立ち止まると振り返り、スタンディングオベーションを浴びるアダムスを見守る。すると、アダムスはヘルメットを掲げ、歓声に応えた。モリーナはポジションに戻ると、アダムスの腰を抱きながら、何事か声をかける。そして、ホームベース後方へとしゃがみこんだ。

モリーナとウェインライトの粋な計らいに称賛の声続々「本当に最高」「脱帽」

米メディア「FOXスポーツ・ブレーブス」は、ツイッターでこの瞬間の映像を紹介。「セントルイス・カージナルスのファンのスタンディングオベーション、そしてアダム・ウェインライトとヤディアー・モリーナの素晴らしい行いによって、マット・アダムスはセントルイスに迎え入れられた」と言葉を添えた。

すると、コメント欄にはカージナルスのバッテリーやファンを称える声が集まった。

「素晴らしい振る舞いだ!!!! ウェインライトとモリーナに称賛を!!」

「本当に最高だよ!!! カージナルスファンとモリーナに脱帽!! 最高だ!!」

「セントルイスのファンに相応しいね。彼らはみんな素晴らしい振る舞いをした」

「大好き!」

「すごく素晴らしいわ」

「ヤディアーは一流の行いをした!」

「カージナルスファンは100%素晴らしい」

「野球にはもっとこのような瞬間が必要だ」

昨年はメジャー通算3000安打が迫るイチロー外野手がブッシュ・スタジアムの打席に立った際、同じようにファンが歓迎する時間を作るため、立ち上がって間を作ったモリーナ。メジャーNO1捕手は、プレーだけでなく、超一流の所作でも称賛を浴び続けている。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
花咲徳栄・野村ジェームス “ミレニアム世代”主役候補が大暴れ
サファテ史上2人目の3年連続40S、岩瀬に並ぶ
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
ももクロ百田「全力投球」 西武戦セレモニアルピッチに登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加