好調ルブレフ 苦戦も初戦突破

好調ルブレフ 苦戦も初戦突破

  • tennis365
  • 更新日:2019/09/18
No image

全米オープンでのルブレフ : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスのサンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルク、室内ハード、ATP250)は17日、シングルス1回戦が行われ、第5シードのA・ルブレフ(ロシア)が予選勝者で世界ランク135位のI・イヴァシカ(ベラルーシ)を4-6, 6-0, 6-4の逆転で破り、2016年以来3年ぶり2度目の初戦突破を果たした。

>>大坂ら東レ対戦表<<

>>大坂vsトモワ 1ポイント速報<<

この試合、ルブレフは1度のブレークを許し第1セットを落としたものの、第2・ファイナルセットでは息を吹き返し合計5度のブレークに成功。初対戦となったイヴァシカを1時間47分で振り切った。

21歳のルブレフは今シーズン、7月のハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)で準優勝を果たすと、8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)では8強に進出。全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では4回戦に駒を進めるなど、好調を維持してきた。

ベスト8進出をかけて、ルブレフは2回戦で世界ランク63位のR・ベランキス(リトアニア)と対戦する。ベランキスは1回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場した同146位のD・セラ(イスラエル)をストレートで下しての勝ち上がり。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)〜22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
天才少女ガウフがフェデラーからもらったアドバイス「あまり気にしすぎないように」
錦織、フェデラーに日本語で「ごーにー!」。ゆるゆる審判で観客を楽しませる
スイトリナ 膝の痛みで途中棄権
日本バレーが28年ぶりの4位と躍進。2つの武器が好調の要因だった
錦織圭、スーパーかご入れショット!新CMで披露「難しかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加