最新ランキングをチェックしよう
歌川広重ラブ!だった最後の浮世絵師・小林清親の「武蔵百景」が面白いくらい超広重

歌川広重ラブ!だった最後の浮世絵師・小林清親の「武蔵百景」が面白いくらい超広重

  • Japaaan
  • 更新日:2017/10/11

明治時代に活躍した浮世絵師といえば、現在もなお人気の高い月岡芳年(つきおかよしとし)や河鍋暁斎(かわなべきょうさい)を思い浮かべる人が多いでしょう。彼らはときに「最後の浮世絵師」とも言われることがありますが、今回紹介する小林清親(こばやしきよちか)もまたそのように呼ばれることもあるい浮世絵師で、明治時代の浮世絵には欠かせない人物です。
以前Japaaanでも紹介したことのある小林清親は弘化4年(1

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
まだまだ出てくる安室奈美恵さんの引退をめぐる報道 3大NGワードとは?
松居一代に深くダメージを与える船越英一郎の一撃
家族4人で食費月3万円に「かかりすぎ」と嘆く夫 世間から大ブーイング
石田ゆり子が“ぶっちゃけ”!? 「私は結婚したほうがいいのでしょうか?」
どうして浮気がバレた?スマホのロックも、周囲の口封じも完璧だった男の嘘を、女が見破った理由

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加