最新ランキングをチェックしよう
歌川広重ラブ!だった最後の浮世絵師・小林清親の「武蔵百景」が面白いくらい超広重

歌川広重ラブ!だった最後の浮世絵師・小林清親の「武蔵百景」が面白いくらい超広重

  • Japaaan
  • 更新日:2017/10/11

明治時代に活躍した浮世絵師といえば、現在もなお人気の高い月岡芳年(つきおかよしとし)や河鍋暁斎(かわなべきょうさい)を思い浮かべる人が多いでしょう。彼らはときに「最後の浮世絵師」とも言われることがありますが、今回紹介する小林清親(こばやしきよちか)もまたそのように呼ばれることもあるい浮世絵師で、明治時代の浮世絵には欠かせない人物です。
以前Japaaanでも紹介したことのある小林清親は弘化4年(1

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
猫は雄弁。尻尾や仕草、鳴き声で多くを語る。「猫語」を理解するためのイラスト
ホームから人が転落... 居合わせた人の行動に「頭おかしい」「怖い」の声
白人女性からファーストクラス搭乗を疑われた黒人男性の切り返し
外国人「日本の1円硬貨には世界で唯一の特徴があるらしい...試したらホントだった!」
東京のベンチが「意地悪過ぎる」座ることも許されない!と話題に!実は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加