最新ランキングをチェックしよう
歌川広重ラブ!だった最後の浮世絵師・小林清親の「武蔵百景」が面白いくらい超広重

歌川広重ラブ!だった最後の浮世絵師・小林清親の「武蔵百景」が面白いくらい超広重

  • Japaaan
  • 更新日:2017/10/11

明治時代に活躍した浮世絵師といえば、現在もなお人気の高い月岡芳年(つきおかよしとし)や河鍋暁斎(かわなべきょうさい)を思い浮かべる人が多いでしょう。彼らはときに「最後の浮世絵師」とも言われることがありますが、今回紹介する小林清親(こばやしきよちか)もまたそのように呼ばれることもあるい浮世絵師で、明治時代の浮世絵には欠かせない人物です。
以前Japaaanでも紹介したことのある小林清親は弘化4年(1

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
Twitterで「母が亡くなって何年も経つのにNHKから督促状が止まらない」と話題 → マジなのかNHKに問い合わせてみた結果
小山慶一郎とは違う?加藤シゲアキが飲み会に呼ばれたヒドすぎる理由!
吉野家、松屋、なか卯、すき家の「牛丼」を食べ比べ!味つけや肉のボリュームに違いは?一番おいしかったのは?
日本代表が決めた見事なオフサイドトラップに中国からも称賛の声「史上最強」「キャプテン翼!」
本田圭佑は孤立してない! 「敬礼」に「ジャガーポーズ」に「助言」まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加