(中国)上海総合指数は小動き、経済指標発表前に神経質

(中国)上海総合指数は小動き、経済指標発表前に神経質

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14
No image

株式会社フィスコ

14日の上海総合指数は売り先行。前日比0.04%安の3446.55ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時38分現在、0.01%高の3448.32ptで推移している。本日日本時間午前11時ごろ、10月の鉱工業生産や小売売上高などが発表される予定となり、神経質な展開となっている。また、上海総合指数がきのう13日までに6営業日連続で上昇し、足元では高値警戒感が強い。

<AN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メタンハイドレートが中国で新たな鉱種に認定、産業化加速へ―中国メディア
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
海外でも高い評価を受けるテキスタイルデザイナー! 北海道「札幌グランドホテル」で『梶原加奈子のテキスタイル展』開催
損保各社に新たな懸念 日産・SUBARUの無資格検査が思わぬ飛び火も 新車販売落ち込みは保険の売上げに直結
【東京モーターショー2017】軽自動車だけでなく小型車に注力! ダイハツのブースで今後の戦略について訊く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加