【14日の天気】西から天気下り坂

【14日の天気】西から天気下り坂

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/08/15

2017/08/13 17:46 ウェザーニュース

14日(月)は前線が接近し、西から天気は下り坂。九州北部では傘の出番となります。

エリア毎に解説

No image

西日本:だんだんと傘の出番に

西から天気下り坂で、九州北部では段々と雨が降り出します。一時的な強雨や落雷の恐れも。九州南部や中国四国も雲が多く、中国地方の西のエリアや高知県は夜に雨の降る可能性があるため、折りたたみ傘があると安心です。近畿は日差しが届きます。明後日15日(火)以降は曇りや雨のスッキリしない天気となるため、洗濯物の外干しなど早めに日差しを有効活用してください。ただ、日本海側ではにわか雨の恐れがあるため、空の変化に注意が必要です。

東日本:関東は晴れても油断禁物

関東では湿った空気がぶつかり、雲優勢のスッキリしない空。いったん雨が止んでも、雨雲はUターンしてくる可能性があります。外出時は油断せず、折りたたみ傘を鞄に忍ばせておくと安心です。甲信も雲が多く、午後は雷雨の可能性あり。山のレジャーは天気急変に注意が必要です。東海は晴れて厳しい残暑。北陸も日差しが届きますが、にわか雨には注意してください。

北日本:夏の暑さが恋しい体感

北日本では低気圧や湿った空気の影響で、低い雲が広がります。ニワカ雨の可能性があり、東北の山沿いは雷雨の恐れも。また、北海道や東北北部太平洋側では気温が低空飛行。夏の暑さが恋しい、肌寒い体感が続きます。お出かけには上着があると良さそうです。>>現在地の詳しい天気をチェック

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ファンキー末吉、文化庁に上申書提出“JASRACは不当”
ついに東大で起こった非常勤職員の「雇い止め争議」その内幕
ボンネットに乗せたまま運転、殺人未遂で65歳女を逮捕
【報ステ】北海道で観光バス転落、27人以上けが
厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加