大原櫻子、ジュエルのような時間を作り出したツアーファイナル

大原櫻子、ジュエルのような時間を作り出したツアーファイナル

  • ナタリー
  • 更新日:2017/11/15

大原櫻子がライブハウスツアー「大原櫻子 4th TOUR 2017 AUTUMN ~ACCECHERRY BOX~」の追加最終公演を、昨日11月14日に東京・Zepp Tokyoで開催した。

No image

大原櫻子(撮影:田中聖太郎)

すべての写真を見る(全6枚)

全国の映画館でライブビュイーングやWOWOWでの生中継も行われたこの日の公演。フロアを埋め尽くすオーディエンスが待ち焦がれる中で場内が暗転すると、紗幕にさまざまな文字が投影されたのち、フードを被った大原の映像が映し出された。さらにその映像と重なるように、紗幕に大原本人のシルエットが浮かび繊細なピアノの音色に乗せて「ALIVE」がスタート。切ない歌声とドラマチックな演出でツアーファイナルの幕が上がった。

No image

2曲目は秦基博が提供した「マイ フェイバリット ジュエル」。ステージを覆っていた紗幕が落ちると、アコースティックギターを抱えた大原が姿を見せ「皆さん、こんばんは! 今日は最高の1日にしていきましょう!」と叫んだ。ピンクのペンライトを光らせるファンを前に、彼女は伸びやかな歌声を披露した。「チェリー! ブロッサム!」というおなじみのコール&レスポンスのあとは、清涼感たっぷりの「青い季節」へ。大原はタオルを回しながらはつらつとしたパフォーマンスを繰り広げた。キュートな振り付けを踊りながらの「Realize」、曲の世界に合わせて傘を持ち、弾むような歌声とステップを披露した「トレモロレイン」を経て、一呼吸置いてから「瞳」が始まる。2番のサビでは観客の合唱が響き、会場は温かな空気で包まれた。

No image

その後、大原は「今回のツアーでも新しいことに挑戦させていただいてます」と口にし、事前に募ったリクエストをもとに選び抜いた曲をカバーすることを告げる。「いろいろなアーティストさんのライブを観させていただいた中で一番感動した曲です。家族だったり、友人だったり、心の底から大切だと思う方を思い浮かべながらて聴いてください」という言葉に続いたのは、ONE OK ROCKのバラード「Wherever you are」。序盤は穏やかに歌っていた彼女だが、曲の終盤では圧巻のロングトーンを響かせ観客を驚かせていた。

中盤では2つ目の新しい挑戦である「アコースティックメドレーコーナー」が設けられた。ラメをあしらった華やかなスカートに着替えた大原は、バンドメンバーと一緒に行進しながら現れると、「アコースティックメドレー始まるよー!」と元気いっぱいにシャウト。ほのぼのとしたムードの中で「のり巻きおにぎり」「うたうたいのうた」「オレンジのハッピーハロウィン」「おどるポンポコリン」「頑張ったっていいんじゃない」がメドレーで届けられ、大原は歌の合間にコールアンドレスポンスを行ったり、マラカスを振ったり、トイピアノを奏でたり、八面六臂の活躍を見せていた。

No image

「ツアーの中で一番うまくできたよね!」と満足げに口にした大原は今度はスツールに座り、「とても深くて温かくて優しい歌詞です。私が大好きな曲です」という紹介から中島みゆきの「糸」をカバー。歌詞を噛みしめるようにしながら歌い上げるその姿に観客はじっと見入っていた。エモーショナルな空気は、アカペラで始まった「ちっぽけな愛のうた」や、大原がエレキギターを弾きながら熱唱した「サイン」でも引き継がれた。

終盤に入ると「明日も」を皮切りにアッパーチューンが連続する展開に。「Ready Go!」で大原はエレキギターを抱え、観客を煽りながら、ソウルフルに歌い上げていく。リミッターを外したかのような激しいパフォーマンスに観客も熱狂。間髪入れずにライブ映えする「Jet Set Music!」を投下し、会場に一体感をもたらした。そして「まだまだ踊っていただけますか?」と呼びかけ、「踊ろう」でライブ本編を朗らかに締めくくった。

No image

アンコールでは、11月22日にリリースされる新曲「さよなら」を歌唱。大原は「どんな恋愛をしても、相手にいつか『ありがとう』と言える日が来たら素敵だなという思いを込めて作りました。少し前に踏み出す勇気や、この曲を聴いて誰かにありがとうと思う気持ちを持ってくれたらうれしいです」と口にし、いきものがかりの水野良樹が書き下ろした失恋バラードを情感たっぷりに熱唱した。

さらに「今日は追加公演ということで、スペシャルなナンバーをお届けします! いつもは仲良しの2人と歌ってますが、今日は会場の皆さんと歌いたいと思います!」と叫んだ彼女が歌い始めたのは、家入レオと藤原さくらとのコラボナンバー「恋のはじまり」。普段は3人で歌っているためか、歌詞を間違えてしまう愛嬌を見せつつキュートなラブソングでファンの心を和ませた。

最後のMCで大原は「皆さんにとって、1曲1曲がジュエルのように大切な曲になってくれたらうれしいという思いでツアータイトルを付けました。皆さんにとって今日1日がジュエルのように一生心に残ってくれたらうれしいです」とファンに伝える。さらに感謝の思いを伝えるように「サンキュー」を元気いっぱいに届け、会場を幸せな空気で満たした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シシャモ、ワニマ、ピストル...何人知ってる?『紅白歌合戦』初出場組はあのCMの人
22/7、結成1周年記念クリスマスイベント開催決定!
井上陽水、自身が作詞した「安全地帯」の名曲の秘話を明かす
生きるためのヒントを学ぶ寺子屋が京都で開講!西本願寺で学ぶ「スクール・ナーランダ特別編」
超速報!入手最困難〈イージーブースト〉の新色をスクープ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加