フォルクスワーゲンのCEO、「ビートル」の電気自動車モデルを計画中とコメント

フォルクスワーゲンのCEO、「ビートル」の電気自動車モデルを計画中とコメント

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2017/11/13
No image

独Volkeswagenの人気モデル「The Beetle」の電気自動車(EV)モデルが誕生する可能性について、同社のハーバート・ディエスCEOが英自動車専門ニュースサイトAutomakerのインタビューで語った。

Automakerの11月10日付の記事によると、ディエス氏はEV版Beetleは決定事項ではないが、すべての現行モデルの後継車はEVになると語った。

「Beetleもモデルチェンジするとしたら、EV化は現行モデルよりずっと良く、歴史にも近づけることができる。EVならかつてのように後輪駆動にできるからだ」とディエス氏は語った。同社の電気自動車プラットフォーム「MEB」は、前輪駆動にも、後輪駆動にも、4輪駆動にも対応する。

ディエス氏は9月に独フランクフルトで開催されたIAA(国際モーターショー)で、2025年には23モデルの電気自動車を提供すると語った

同社は1月には“ワーゲンバス”の愛称で親しまれている「Type 2」の、MEB採用のEV版リバイバルモデル「I.D. BUZZ」を披露している。

No image

東京モーターショーで展示された「I.D. BUZZ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自宅でフィッティングして無料返品できる「Amazonファッション」活用術
「自動車の主役はEVへ」に懐疑広まる...そもそも本当にエコカーか?
古賀茂明が指摘する「実力の衰えた日本企業が好調を維持しているカラクリ」
トヨタ、新型オフロード車を示唆するコンセプトカー「FT-AC」のティーザー画像を公開
ソニーモバイルとシャープの携帯電話シェアが激変した理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加