境界線はどこ?主婦がきちんと化粧をするシチュエーションTOP3

境界線はどこ?主婦がきちんと化粧をするシチュエーションTOP3

  • WooRis
  • 更新日:2016/10/18
No image

突然ですが、あなたは今ノーメイクですか?

仕事に行くときにはメイクをしていても、家にいる時間やちょっとご近所まで出かけるだけの日には、ノーメイクのまま過ごしている人も少なくないのではないでしょうか。

一方、自分だけスッピンで恥ずかしい思いをしないためにも「他の主婦たちはどんなシーンでメイクとノーメイクを使い分けているんだろう?」と、改めて気になった人もいるのでは。

主婦になると、意識的にメイクしないとスッピン時間が増えがちですが、他のママたちの美意識を知っておくのも大事ですよね。

そこで今回は、インタースペースが子育て中の女性439名に実施した調査をもとに、主婦が完璧メイクをするシーンのトップ3とノーメイクで過ごす時間の落とし穴を、時短美容家の筆者がお伝えします。

■3位:幼稚園の送り迎え

ママが遭遇しやすいシーン別に“どこまでメイクをするか?”を調査してみると、ベースやアイブロウだけでなくアイメイクやチーク、リップまでパーフェクトにしているママが3番目に多かったのが、「幼稚園の送り迎えをするとき(保育園を除く)」でした。

保育園ママは仕事をしているのでメイクをしているケースが多いでしょう。でも幼稚園ママだと、日中は自宅でひとり過ごしているパターンもありますよね。

とはいえ、先生や他のママに会う場面でもあることからしっかりメイクをして臨んでいるママも少なくないようです。

■2位:近所に友人とお出かけ

続いて、同調査でパーフェクトメイクをするママが2番目に多かったシーンは「友人と一緒に近所に外出するとき」でした。

ママ友とランチや買い物に連れ立って行くシーンでは、ちゃんとメイクをしているママが多いようですね。

一緒に出かけるメンバーとの親密度にもよりそうですが、レストランなどお店の人にも見られていますし、どこかでバッタリ知人に会わないとも限りませんよね。

では、1位はどんなシーンなのでしょうか!?

■1位:パパ(夫)とお出かけ

今回の調査でパーフェクトなメイクをする場面の1位になっていたのは、「パパと一緒にお出かけするとき」でした。

夫婦デートや家族外出の場面では、普段はノーメイクな主婦もしっかりお化粧をしている傾向が読み取れますよね。

一緒に歩いている夫に恥ずかしい思いをさせないためにも、妻としてちゃんとメイクをするよう意識しているママもいそうです。

美しくメイクをすると、夫がいつもより優しくしてくれる気がするかも!?

■7割が自宅でノーメイク!そこに潜む落とし穴は…

ところで今回の調査では、72.0%が家にいるときはノーメイクという実態も発覚。ノーメイクであっても日焼け止めは塗っているという人も、わずか17.1%でした。

実は、これは美を阻む落とし穴。自宅にいると紫外線対策を怠りがちですが、日焼け止めすら塗らない無防備な肌はキケンです!

例えば、洗濯物を干すときにはベランダや庭に出ている人が多いのでは? また、日当たりの良い部屋の窓際で過ごす時間が多い人もいますよね。

『WooRis』過去記事の「夏の努力が水の泡!シミができやすい人にありがちな“秋のうっかり行動”トップ3」でお伝えしたように、日常生活にも紫外線のリスクは潜みます。

1日中自宅にいる日でも、日焼け止めまでは塗る意識をもっておきましょう。

いかがですか?

主婦やママになると、なかなか完璧なメイクをするシーンはないかもしれません。美容家である筆者でも、自宅にいるときにはUVケアのみでメイクをせずに過ごす日が多めです。

日焼け止めすらもナシにするのは、シミのリスクが高まります。ノーメイクでもUVケアだけは怠らないでくださいね。

(ライター 並木まき)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
100均で美脚が叶う!?︎働く女子の味方♡100均で手に入る着圧ソックスの効果がすごい(* ́∇`*)
老化を予防し美容効果を生む砂糖の選び方
「エチュードハウス」韓国のメイクアップアーティスト・PONYによる新トレンドメイクに注目!
「前髪あり」VS「前髪なし」どっちの女性が好き? 約8割の男性の回答は......
写真を見てギョッ!笑顔も不自然な「顔の歪みを招く」NG習慣3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加