別れた恋人からもらったもの、どうしてる?ベトナムで元恋人との思い出の品を売り買いできるフリーマーケットがオープン

別れた恋人からもらったもの、どうしてる?ベトナムで元恋人との思い出の品を売り買いできるフリーマーケットがオープン

  • カラパイア
  • 更新日:2017/11/13
No image

誕生日のプレゼント、クリスマスのプレゼント、熱いラブレターや写真など、元カレ、元カノの残していったさまざまな思い出に囲まれて、苦しみにのたうちまわるのは辛い。

そこで、ベトナム、ハノイに住む若き企業家ディン・タンは、別れたカップルたちを救済するための妙案を思いついた。

彼らの切ないロマンスの残骸を箱詰めにして値札をつけ、興味のある第三者に売って、きれいさっぱりしてしまう場をつくろうというのだ。2017年2月、タンは「失恋マーケット」なるものを立ち上げた。

この縁日のようなフリーマーケットは、友人たちと元カレや元カノのことについておしゃべりしていたときに思いついたナイスなアイデアのひとつだ。

別れた後、家に元恋人の持ち物があふれていることがあるだろう。嫌な記憶を思い起こさせるから、二度と見たくもないんじゃないだろうか。

だが、こうしたものはまだけっこう使えたりする。勝手に不法投棄なんかしたら、環境にも悪いだろう。だから、これらを第三者と交換するべきじゃないかと考えた。新しい持ち主に使ってもらえば、片付けにもなるし、環境も守れるし、一石二鳥だ(ディン・タン)

No image

image credit:facebook

フェイスブックページを開設し利用者増大

このマーケットができてまもないころは、売り手は10人しか集まらなかったが、数ヶ月のうちに利用者がどんどん増えたという。

タンが無料で使える小さな小屋で、屋台スペースを確保して商品を並べて売る。売り手も買い手も小屋の入場料はタダだが、売り手が新たな商品を持ち込む場合は、売り上げの30%を管理者に払わなくてはならない。

参加する売り手は、まず「失恋マーケット」のフェイスブックページにアクセスして、そこで出品物にまつわる裏話を共有し、管理者が次の市で販売を許可する売り手を選ぶというわけだ。早くに投稿した人ほど優先される。

No image

image credit:facebook

早く次の恋へと進めるよう手助けも

売り手たちが再び新たな人生を歩み出すのを助けるための手段として、タンは掲示板をたちあげて、元恋人への決別の手紙を書き残せるようにした。

最近まで見合い結婚が一般的だったベトナムで、恋人との破局という話題をあまりタブーなものにしないようにするのに、このマーケットは役立つのではないかとタンは思っている。

No image

image credit:facebook

賛否両論あるが広がりを見せつつあるプロジェクト

このプログラムの参加者の反応からは、その考えは機能していると言えそうだ。

「ここにはたいてい楽しむためにきているわ。儲けのためではなく、わたしの愛の記憶をシェアするためよ。このマーケットの真の精神に貢献していると思う」売り手のひとりは言う。

また、収益よりも、つながりを求めて来ている売り手もいる。「それがこのマーケットの唯一の目的のはずだ。このアイデアはいい活性化になるよ。中古でもう必要ないものでも、本当に必要としてくれる人がいれば、たとえタダでも手放すよ」

ただしみんながみんな、好意的な意見ばかりではない。

「日記やラブレターまで売られているけど、それらはとても神聖なもので、その恋人たちだけの過去の秘密でしょう。そんなものを売るべきではないわ。自分のプライベートな生活をわずかなお金のために売るなんて」

タンは批判に反論する。このマーケットは多くの売り手の心の傷を癒すセラピー的存在になっていて、彼らが人生の悲惨な体験から前に踏み出す助けになるはずだと言う。

彼は2018年には商業の中心地、ホーチミン市にもこのコンセプトを広げようと計画している。

No image

image credit:facebook

via:facebook/vietnamnews

別れた恋人との思い出の品かぁ...最近は人外しか愛せない体質になってしまったのでちょっと記憶が遠いんだけど、みんなはどうしてる?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【なんだか分かる!?】ディズニーランドの従業員が「来場者に対して絶対にやってはダメなこと」が話題に
【2017クリスマスプレゼント】ふたりの絆を象徴するアガットのクリスマス限定ダイヤモンドジュエリー
目を逸らすな。「とんねるず」問題の裏で自殺を考えた人のいる現実
患者を餌食にする悪質なトンデモ・メンタルクリニックの見分け方
なぜ100円ショップのセリアは「客層分析」をやめたのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加