NPBの来期予算は6億3000万円減 DeNA・南場オーナー「今年で困難が全て終わるというのは楽観的過ぎる」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/09/15

プロ野球のオーナー会議と日本野球機構(NPB)の社員総会が14日、東京都内で開かれ、2020年度(20年10月-21年9月)の予算と事業計画が承認された。新型コロナの感染拡大による観客数制限が続き、予算は11月21日開幕の日本シリーズの収入を低めに想定。前期比で6億3000万円の減額となった。

事業計画について斉藤惇コミッショナーは「(オールスター戦など)コロナ禍で中止や縮小となった事業を挙行することが前提」と説明。来季の経営状況について、議長のDeNA・南場智子オーナーは「今年1年で困難が全て終わるというのは楽観的過ぎる。来季になればコロナ禍の影響から解放されると想定している球団はない」と厳しい見方を示した。

一方、19日から観客数の上限が5000人から収容人数の50%に引き上げられる。南場オーナーは「各球団の判断で緩和策を実施することを確認した。多くのファンに、シーズン終盤の熱戦を楽しんでいただきたい」と語った。

各球団は既に入場券の追加販売などの検討に入っており、ヤクルトは19日の広島戦(神宮)から1万4500人に、巨人は21日の広島戦(東京ドーム)から1万9000人に増やすと発表している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加