序盤に波乱...ムバッペ2発のパリSGがニームに4-0快勝! 5連勝で暫定首位へ

序盤に波乱...ムバッペ2発のパリSGがニームに4-0快勝! 5連勝で暫定首位へ

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/10/17
No image

[10.16 リーグアン第7節 ニーム0-4パリSG]

フランス・リーグアン第7節が16日に行われ、パリSGはアウェーでニームと対戦し、4-0で勝利を収めた。レンヌと勝ち点15で並び、得失点差で暫定首位に立っている。

敵地に乗り込んだパリSGは序盤にアクシデント。MFレアンドロ・パレデスが右の太もも裏を痛め、前半11分にMFアンデル・エレーラとの交代を余儀なくされた。直後の同12分にはニームDFロイク・ランドルがMFラフィーニャを足の裏で蹴ったとしてレッドカード。パリSGは早い時間帯で数的優位となった。

波乱の立ち上がりを経て、パリSGは前半32分に先制する。ラフィーニャのスルーパスから抜け出したFWキリアン・ムバッペがPA内左でGKをかわし、左足で流し込んだ。

その後は何度もゴールを脅かしながら追加点を奪えずにいたが、後半33分に右サイドからのクロスをファーのMFパブロ・サラビアが折り返し、最後はDFアレッサンドロ・フロレンツィがダイビングヘッドを決めて2-0とする。

後半38分にはサラビアのスルーパスに反応したムバッペが抜け出すと、PA内左でGKとの1対1から右足でゴール右に流し込む。さらに同43分、サラビアが左足のシュートを突き刺し、ダメ押しの4点目を奪取。そのまま逃げ切ったパリSGが5連勝を飾った。

●フランス・リーグアン2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加