兒玉遥、美バスト美尻誕生の秘訣は腸活「サプリ代わりに無心でかき込む」

兒玉遥、美バスト美尻誕生の秘訣は腸活「サプリ代わりに無心でかき込む」

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2022/11/25

「全国民の男子を魅了したい!」。そんな意気込みで約6年ぶりとなる写真集『Stay 25』を作り上げたのが、元HKT48兒玉遥。図鑑レベルの160ページという写真集としては異例のボリュームもさることながら、セミヌードとも言えそうなギリギリのギリを攻めた表紙からもわかる様に、いまだかつてない姿の兒玉の肢体を捉えた写真の数々は話題を呼びそうだ。

まず驚かされるのは、そのずっしりとした重量感。「100ページを超える写真集はなかなかありません。素敵な写真が沢山撮れたので限界まで入れた結果が160ページ。これでもまだ足りないくらい」と自信を覗かせる兒玉は「皆さんに見ていただき、全員恋に落ちてほしいです。全国民の男子を魅了したい!」と期待する。

No image

【写真】この記事の写真をもっと見る(全33枚)

『Stay 25』というタイトルの通り、25歳の兒玉の姿を一冊にまとめた。シンプル・イズ・ベストなタイトルについては「25歳の自分を永遠に残したいという意味も込めつつ、一番は写真そのものを楽しんでもらいたいという気持ちの表れです。タイトルは正直『兒玉遥』でもいいと思ったくらい。写真を邪魔せず、いい意味でそぎ落とされたタイトルだと思って『Stay 25』に決めました」と狙いを明かす。

まさに勝負の一冊。ページをめくると表紙のインパクトを上回る写真の数々が目を引く。「最後のページにある水色ニットの透かし写真が一番の目玉かもしれません。一瞬どうなっているのかわからないけれど、よ~く見るとニットから私の体が透けて見える。このショットはなかなかの挑戦であり新発見。光の加減も奇跡的なくらい綺麗なので、美術館の絵を見るような気持ちで見てほしいです」と鑑賞方法を伝授する。

その美ボディは女性の目も引きそうだ。それを支えるのは内面の美意識。「普段から発酵食品をたくさん取ることを意識していて、納豆やみそ汁、塩こうじ、ヨーグルトやチーズ、甘いものも小豆やあんこを食べたりしています。美肌作りのために味噌汁と納豆は、もはやサプリメント代わりに無心でかき込むように毎日食べています」と腸活に余念がない。

美バストのみならず、美尻にフォーカスを当てた写真も多い。「私は体型的にくびれがしっかりとついていないので、お尻を大きくしたらウエストが細く見えてくびれができるという逆転の発想理論に辿り着きました。コンプレックスをなくすのではなく、逆に活かして魅せる。お尻の筋肉を鍛える筋トレでお尻を大きくしました」と努力の結晶の美尻をチャームポイントに挙げる。

グループ卒業後は女優活動を本格化。2022年は『空のない世界から』『渚に咲く花』と主演映画が立て続けに公開された。「卒業当時は不安しかありませんでした。しかもコロナ禍で舞台が中止になったりして、思うように芸能活動が出来ず、もどかしさと悔しさばかりでした。でも今は再開も勢いづいている気がして、ホッとしています。当初の不安は消えて、毎日が楽しくて新鮮で刺激的。これからのお仕事も楽しみ」と充実した表情を浮かべる。

脱アイドルの意気込みは髪型の変化にも見て取れる。“ショートヘアのはるっぴ”は一旦お休みだ。「女優さんになったタイミングでイメチェンしたいと思いました。ショートヘアからセミロングに伸ばし始めると、髪の毛に動きなどが出しやすくなって女性らしい雰囲気を髪の毛で表現できるようになりました。ヘアアレンジも自由自在で表現の幅も広がったと思います」とすっかりお気に入りだ。

2022年を「新しい苗をたくさん植えることができた1年」と総括する兒玉は「来年、再来年と新しく増えた苗を着実に実らせるように、一つ一つの仕事を丁寧に頑張っていきたいです。今はお芝居を褒められることが一番嬉しいので、いつか女優として賞を取りたい。そのためにはもっと私のことを知ってもらいたい。そのための一つのきっかけが今回の写真集です。たくさんの方々に私の魅力が伝わったら嬉しいです」と遥かな明るい未来を夢見ている。

取材・文:石井隼人

写真:加藤千雅

ヘアメイク:伊藤麻友巳(吉野事務所)

【書誌情報】

兒玉遥 写真集 『Stay 25』

撮影:LUCKMAN

ワニブックス刊

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加