NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
【侍JAPANの原点3】広島・森下 明大恩師と二人三脚で実現したドラ1&新人王

【侍JAPANの原点3】広島・森下 明大恩師と二人三脚で実現したドラ1&新人王

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/22

◇侍ジャパン強化合宿3日目

No image

20年、広島の春季キャンプを訪問した善波氏(右)にあいさつする森下

森下にとって、大学4年間の「新人王計画」が大きな分岐点となった。森下が広島にドラフト1位で指名された19年まで、明大で指揮を執っていた前監督の善波達也氏(58)が振り返る。

「“必ずドラフト1位でいくぞ”とよく話し合っていた。だけどプロ入りがゴールではなく、1年目から活躍することが大切。私も暢仁も新人王を獲ることにこだわっていた」

高校3年時点でドラフト上位候補に挙がっていた。その中で大学進学を強く勧めたのが善波氏。「少し自信なさげに練習するところがあった。大学に進んだ方が彼のためになると、私が強く思った」。6度の面談で説得。明大進学が決まった。

力強い体と自信を身に付けさせようと考えていた直後、1年春の新人戦で右肘を骨折した。同氏は「神様がもっと強い体をつくれと言っていると思って鍛えよう」と伝えた。リハビリ期間を無駄にせず、未完成だった体は強さを増した。

2年からは同氏が監督を務める大学代表にも選出。「世代別の代表とはいえ、大学ジャパンも相当な重圧の中で戦う。そういう経験を経て失敗の少ない投手になっていった」。さらに4年で明大の主将を務めたことで「本当の責任感が芽生えたように映った」。入学時には見えなかったという自信も手にして、プロ入りを実現させた。

2人の目標である新人王に向け、プロ入り後も連絡を取り合った。終盤は巨人・戸郷との一騎打ち。「誰が見ても暢仁という感じにしないといけない」と鼓舞した。大学で鍛えた精神的な強さもラストスパートに生かして、新人王を獲得した。

常にトップレベルを意識する。それが2年目での侍入りにつながった。「野球界の皆さんの期待に応えてほしい」と善波氏。この重圧も、必ず乗り越える。そう信じている。(河合 洋介)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加