タムロン、初の富士XマウントとソニーEマウント向け16.6倍ズームレンズを開発発表

タムロン、初の富士XマウントとソニーEマウント向け16.6倍ズームレンズを開発発表

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/21
No image

タムロンは7月21日、同社初となる富士フイルムXマウント用レンズ「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD(Model B061)」を、ソニーEマウント用とあわせて同時開発していると明らかにした。2021年中の発売を予定しており、価格は未定となっている。

タムロン、ソニーα用の大口径標準ズームレンズを開発

タムロンでは2018年に発売した大口径ズームレンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」をソニーEマウント向けに発売したことを契機に、意欲的にミラーレス用レンズのラインナップを拡充。これによって他社マウント用の製品への要望が大きくなってきたとしており、今回開発の目処が立った富士フイルムXマウント向けを新たに展開することが決定したという。

今回開発が発表された18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXDは、フルサイズ換算27mm~450mmまでを1本でカバーすることで、16.6倍という世界初の極めて高いズーム倍率を実現したというAPS-Cミラーレスカメラ向けレンズ。AF駆動にはリニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)を搭載し、手ブレ補正機構VC (Vibration Compensation)も採用。最大撮影倍率は1:2と高く、近接撮影にも使用できるという。

その他、現時点では簡易防滴や防汚コート、ズームロックスイッチ機構の採用についても明らかになっている。なお製品は開発中のため、仕様や外観、性能は変更する場合があるとしている。

原修一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加