あと一押ししてあげて!ほとんど両思いなのに告白に踏み切れない男性の気持ち

あと一押ししてあげて!ほとんど両思いなのに告白に踏み切れない男性の気持ち

  • 愛カツ
  • 更新日:2022/11/24

もう何度もデートしているし、雰囲気もいいとなれば、そろそろ告白かなと期待する女性は多いでしょう。

しかし、ほとんど両思いな状況でも、告白に踏み切れない男性というのも存在します。

そこで今回は、なぜか告白してくれない男性が考えていることを3つご紹介します。

No image

告白や付き合うことに嫌な思い出がある

いまいち「女心はよく分からない」と感じている男性は、決して少なくありません。

とくに過去に両思いだと思って告白したのに断られた、信じていた女性に裏切られたなどの苦い経験があると、自信をもって思いを打ち明けるのは難しいでしょう。

そんな男性の背中を押すためには、自分が抱いている好意を、具体的な理由とともに分かりやすく伝える必要があります。

「あなたのことをこう思っているから、○○してあげたい」「□□してくれたあなたが好き」「一緒にいると△△な感じがして幸せな気分になる」など。

根拠があるからこそ、女性に苦手意識のある男性にも、気持ちが伝わりやすくなるはずですよ。

相手の女性の好意が確信できない

告白が失敗することへの恐怖は、性別に関係なく、誰もが持っているものです。

断られるリスクを最小化しようと、相手の好意を事前に確認しておきたくなって当然と言えます。

しかしなかには、相手が自分に惚れていると確信できないと、告白に踏み切れないという男性も。

その場合は、彼が一歩を踏み出せるように、分かりやすい形で好意を見せてあげてください。

ときには「それってもう告白なのでは?」というくらいの、バレバレな好きアピールをしてみるのもアリですよ。

お願いする素振りを見せたくない

男性の中には、「付き合ってください」という告白の言葉を、自分から頭を下げてお願いしているように捉える人がいます。

彼らは、自分のそんな姿を客観的に想像したとき、かっこ悪く感じるから告白を敬遠するのかもしれません。

とはいえ、どんなにプライドの高い男性でも、自分の告白を大好きな女性が求めている、もしくはいま告白しなければまずいとなれば、そうせずにはいられなくなるはず。

「告白してくれないなんて寂しい」「他の男性から告白されそう」なんて言ってみるのはアリかも。

もしもすでに両思いなら、彼が焦って告白してくれる可能性は十分にあるでしょう。

彼の背中を押してあげて

男性に「告白させる」というのは難しいかもしれませんが、すでにたしかな好意を抱いている彼の「背中を押す」程度ならどうでしょう。

いまが絶好のチャンスであることを彼に伝えられれば、2人の関係は一気に変化するかもしれませんよ。

告白に踏み切れない男性の気持ちを押さえて、最後の勇気を与えてあげてくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加