【ワンホビG】最終エピソードまでアニメ化して欲しい! アクションフィギュア「figma ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ダイ」は成長した姿で立体化!

【ワンホビG】最終エピソードまでアニメ化して欲しい! アクションフィギュア「figma ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ダイ」は成長した姿で立体化!

  • HOBBY Watch
  • 更新日:2020/10/17
No image

発売日:2021年夏

価格:未定

「社内でもファンが多くて、今回の再アニメ化は本当にうれしかったですね」と語るのは、マックスダクトリーのfigma担当。ファンとしての期待も込めて製作が進行しているのがfigma500体目の記念となる「figma ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ダイ(以下、「figma ダイ」)」である。2021年夏発売予定で、価格未定。

「figma ダイ」のモチーフは現在アニメ化が行なわれている「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の主人公・ダイ。今回立体化されるダイは頭身が高く、背中にはダイの最強武器である「ダイの剣」を背負っている。これはコミックの最終エピソードに登場する幾多の冒険を経て成長したダイの姿である。

No image

表情の表現に力が入っているのがわかる

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」は1989年から1996年まで少年ジャンプで連載された。今回2度目のアニメ化である。前回のアニメでもオリジナルの劇場版が製作されるなど人気を博したが、アニメそのものは原作の途中で終わってしまい、「コミックスのエピソード全てをアニメ化して欲しい」というのはファンの強い想いだった。今回、20年以上の時を経ての再アニメ化である。「今回は全てのエピソードをアニメに!」というのは、ファンの多くが持っている期待だ。

だからこそ「figma ダイ」は成長した姿を再現している。少年主人公らしく頭は大きく、頭身は低めであるが、特に表情に原作の雰囲気を再現しようという“気合い”を感じられる腰のパーツには足の付け根に分割線があり、足を高く上げたポーズもとれそうだ。アクションに関してもかなりこだわった商品となりそうである。友達のゴメちゃんは飛んだ姿で飾ることができ、原作の雰囲気を活かしたディスプレイが可能だ。

「figma ダイ」はfigma500体目の商品となる。「ワンホビギャラリー 2020 AUTUMN」では歴代のfigmaと併せて展示されており、本商品が記念すべき500体目であることをアピールしている。記念ナンバーの商品だけに期待と気合いを込めた製作が行なわれているという。

No image

【figma ダイ】

No image
No image

発売日:2021年夏

価格:未定

サイズ:ノンスケール

原型制作:マックスファクトリー(越沼真司)

No image

【記念商品】

No image
No image
No image

figma500体目を記念する展示が行なわれている

勝田哲也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加