「座ってすれば汚れない」は間違いだった!座りション派の人に知ってほしい残念な現実

「座ってすれば汚れない」は間違いだった!座りション派の人に知ってほしい残念な現実

  • @DIME
  • 更新日:2021/09/26
No image

毎日使うトイレは、清潔にしておきたいもの。ニオイ等の原因となる尿ハネ汚れが気になる人も多いのではないだろうか。

多くの人が「座ってすれば、尿ハネしない」というイメージから、実は男性も座って小用を足すようになってきている。しかし、本当に座りションすれば、尿ハネしないのだろうか。

それを検証するため、ライオンが疑似実験を行なった結果、座りションでも便器の内側に尿ハネ汚れが溜まることが明らかになった。特に汚れが溜まっていたのは、フチ裏。そんな、座りション実験の様子と共に、洗いにくいフチ裏のお掃除方法を紹介!

「座ってすれば汚れない」という誤解

ライオンが行った「男性の小用スタイルに関する実態調査2021」によると、男性の約6割が「座りション」となっており、その理由として「尿ハネでトイレを汚さないため」が最も多い意見となった。

No image

実際に小用のスタイルによる尿ハネ・汚れへの印象を聞いたところ、立ちションでは「尿がハネて汚れが生じていると
思う」という人は83.5%の一方、座りションでは、18.7%にとどまった。

立ちションは、尿ハネでトイレを汚すイメージが強く、座りションなら、尿ハネ汚れを避けられるというイメージがあるようだ。

【実験検証】座りションでも汚れていた!尿ハネ汚れは、フチ裏に隠されている!

No image

では、本当に座りションをすれば、尿ハネは避けられるのだろうか。検証のため、ライオンが疑似尿を使い、座りション想定で実験を行なった。

その結果、座りションをしても、尿は内側にぐるっと1周跳ねており、特にフチ裏と便座裏に跳ねていることが明らかに。「座ってすれば、汚れない」のではなく、実は汚れる場所が便器の外側から、フチ裏などの内側に変化しただけだった。

座り小用による尿ハネ実験 概要
・疑似尿300ml(ビタミンB2水溶液)をシリンダーで約20秒間噴出後、トイレ水洗
・1日の4名家族を想定 ※疑似尿の量、男女差などは考慮しない
・1日の平均小用回数7回 × 4名 計28回を実施 ※便座はすべて下げた状態で実施

座りション時代のトイレ掃除にオススメの新商品!

No image

「ルックプラス 泡ピタ トイレ洗浄スプレー」

座りション時代に汚れやすいフチ裏汚れの掃除にぴったりの新商品「ルックプラス 泡ピタ トイレ洗浄スプレー」が登場。「泡ピタ」は、モコモコの密着泡がフチ裏に密着。60秒後に流すだけで、簡単にフチ裏掃除ができる。便座や床まで掃除ができるので、泡ピタ1本で、簡単にトイレ掃除をすることが可能だ。

関連情報:https://look.lion.co.jp/lookplus/awapita/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加