小室母・佳代さんとの「嫁姑問題」激化で、眞子さん&圭さんの帰国は絶望的に

小室母・佳代さんとの「嫁姑問題」激化で、眞子さん&圭さんの帰国は絶望的に

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2022/09/23
No image

「いつまで特別扱いするのか」

小室圭さん・眞子さん夫妻にとって悩ましいニュースだ。母・佳代さんの新たな「金銭トラブル」が報じられた。

相手はかつて小室家に暮らしたこともある彫金師の男性。今年5月には、佳代さんと二人でタクシーに乗るところを目撃されている。その後、仲たがいがあったのか、男性は「(佳代さんから)今まで貢いだ1600万円を返してほしい」と要求されて困っていると警察に相談しているようだ。

No image

Photo by gettyimages

この報道に眞子さんの胸騒ぎが止まらないはずだ。夫の圭さんは3回目の司法試験を受けたが、合格するかは不透明。

現在、二人は皇族時代の貯金と、領事館のサポートで生活しているものの、そろそろ経済的基盤を作らないと、「いつまで特別扱いするのか」と国民の不満も爆発するだろう。

帰りたくても帰れない

いずれ帰国し、生活を立て直すことも選択肢の一つにせざるをえない。

「しかし、日本に戻ると佳代さんが待っている。圭君を溺愛してきた母として、夫婦問題から子供の教育方針にまで首を突っ込むに違いありません。下手をすると同居を望まれるかもしれない。もともと気の強いことで知られる眞子さんですから、凄絶な嫁姑関係になるでしょう」(皇室記者)

そんな状況で新たな金銭トラブルが炎上すればマスコミの注目も集まり、眞子さんにとっては悪夢のようだった結婚前の時期に逆戻りだ。患っていた複雑性PTSDも悪化するかもしれない。

帰りたくとも帰国することあたわず。元プリンセスの苦難の道は続く。

「週刊現代」2022年9月24・10月1日号より

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加