Google Chromeの隠れ機能「Side Search」でブラウザ検索が超スムーズに!

Google Chromeの隠れ機能「Side Search」でブラウザ検索が超スムーズに!

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2022/06/23
No image

Googleの検索ページで探しものを見つけるのは、いつも旅をするようなものです。

結局は、お目当てのものが見つからなくて検索結果ページに何度も戻るか、探しているものが含まれることを期待して一度に6つのタブを開くといった過剰な行動に出るか、そのどちらかに行き着きます。

前者の場合、行ったり来たりを繰り返すことになり、後者の場合はタブの過負荷を招きます。いずれにしても良い方法とは言えません。

そんな時の裏技があります。検索結果のパネルを開いたまま、検索結果をブラウズして、1つずつクリックしていくという方法です。

Google Chromeの「Side search(サイド検索)」という隠し機能を使えば有効化できます。

Google Chrome「Side Search」機能を有効にする方法

この時間節約ブラウザハックを使うには、まずChromeのアドレスバーに「chrome:flags」と入力します。

このアドレスは、Chromeが現在提供しているすべての実験的機能のリストを開くものです。

Side Searchを有効にする方法

「Side search」フラグを探し、ドロップダウンメニューでステータスを「Enabled」に切り替える。

Chromeの再起動を求められるので、ブラウザ下部の「Relaunch」ボタンをクリックする(フラグリストにこの機能が表示されていない場合、Chromeブラウザを更新してみること)。

これで、Side Search機能が有効になった状態でChromeが再起動します。現在開いているすべてのタブは、開いたまま維持されます。

「Side Search」の使い方

No image

Image: Khamosh Pathak

この機能を「隠し機能」と呼ぶのには、もう1つ理由があります。それは、フラグを有効にしても、非表示のままだから。

Google検索をパネルとして表示するためのボタンは、検索結果の1つを開かないと表示されないのです(ただし、検索結果を新しいタブで開いた場合は機能しません)。

では、Google検索を開始して、任意の検索結果をクリックしてみましょう。

すると、再読み込みアイコンの横に、新しく「G」ボタンが表示されます。クリックすると、検索結果ページ全体が、左サイドバー内に収まるかたちで表示されます。

これで、たとえば検索結果の1位から7位までの内容を、別ページに移動したり離れたタブに移動したりすることなく、すばやく切り替えられるようになりました。

検索が終了したら、タブを閉じるか、「G」ボタンをクリックすれば、サイドバーが非表示になります。

Razer Huntsman Mini JP 小型 ゲーミングキーボード テンキーレス Linear Optical Switch 日本語 JP配列 60%レイアウト Mercury White 白 光学スイッチ 超高速1.2mm作動 リニア触感 静音 Chroma RGB 【日本正規代理店保証品】 RZ03-03391100-R3J1

14,980

Amazonで見る

14,980

楽天で見る

Source: PC Mag

風見隆(ガリレオ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加