中日・大野雄が4回4失点降板 連続完投「6」でストップ

中日・大野雄が4回4失点降板 連続完投「6」でストップ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

1回裏、鈴木誠也に3ランを浴び、肩を落とす大野雄(撮影・立川洋一郎)

「広島-中日」(15日、マツダスタジアム)

中日・大野雄大投手の連続試合完投が6試合で止まった。五回の打席で代打を出されて交代。4回5安打4失点だった。

広島戦は初回、無死から大盛の内野安打、菊池涼の中前打で無死一、三塁とされ、ピレラの適時二塁打、鈴木誠の3ランで計4点を失った。

二回以降は立ち直り、四回まで無安打に抑える投球だっただけに、悔やまれる初回だった。

大野雄は7月31日のヤクルト戦から2完封を含む5試合連続完投勝利。9月8日の巨人戦は2失点完投したが、味方が完封されて敗戦投手となっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加