日産 全世界700万台の生産能力 2割程度削減を検討

日産 全世界700万台の生産能力 2割程度削減を検討

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/05/15
No image

動画を見る(元記事へ)

日産が生産能力の約2割削減を検討です。

日産自動車が全世界で700万台ほどある今の生産能力を3年以内に2割程度削減する方向で調整していることが関係者への取材で分かりました。主に商用車を生産しているスペインの工場を閉鎖することを検討しているということです。日産はゴーン前会長の逮捕以降、業績が落ち込んでいて、新型コロナウイルスによる販売減少で他にも追加のリストラ策を行う可能性があります。28日に発表する方針です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「為替」関連倒産(5月度速報値)
半導体戦争、強まる「中国の孤立化」
"コロナの谷に落ちて大赤字"ソフトバンクが日本経済に与える最悪シナリオ
BMW 3シリーズ 最強、これが新型『M3 CS』だ!内外装を初スクープ
史上最大の巨額赤字だったソフトバンクが日本経済に与える悪影響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加