極寒の洗練カジュアルを実現!「ダウン×デニム」で作る理想のスタイル【海外スナップ】

極寒の洗練カジュアルを実現!「ダウン×デニム」で作る理想のスタイル【海外スナップ】

  • Precious.jp
  • 更新日:2023/01/25

リラックス感があるのにこなれて見える…そんな理想の大人カジュアルを実現すべく、ダウンジャケットとデニムパンツを活用していた海外セレブやインフルエンサーたち。厳しい寒さが続く今、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■1:エミリー・ラタコウスキーは…しなやかデニムパンツとレースアップブーツで辛口レディにまとめる

No image

バイカラー、レースアップのブーツでシンプルスタイルに心地よいリズムを授けて。

NYでキャッチされた、モデル、俳優のエミリー・ラタコウスキー。この冬、ダウンジャケットコーディネート姿を度々スナップされている彼女は、この日、定番の黒ダウンを取り入れていました。ふっくらとしたジャケットは、黒、そしてショート丈を選び重心を上に持ってくることで着膨れするのを防止。そこに程よくボディラインの出るブルージーンズを合わせ、動きやすさとちょうどいいフェミニンを両立。これだけだとカジュアル感が強くなりますが、膝丈のベージュレースアップブーツを投入したことで、ぴりっと辛口ムードが加わりモダンに着地しました。

■2:ドウツェン・クロースは…真っ白なダウンジャケットでスポーティなキレを授ける

No image

ホワイト、ブルー系で軽やかな冬コーディネートをコンプリート。

モデルのドウツェン・クロースをNYでキャッチ。もともとアウトドアのイメージが強いダウンジャケットは、ぱきっとした混じり気のない白をセレクトし、スポーティなキレを演出すればスタイリッシュにきまります。さらに定番のブルーデニムパンツ合わせも、シャープな白合わせならぐっとクリーンな表情に。スニーカーで白をリピートしつつ、レザートートバッグはブルーに馴染むネイビーをセレクトし、一体感を意識。仕上げにぴたっとしたタイトなまとめ髪で都会的に誘導しました。

■3:アンナ・ウィンターは…視線を奪う赤のダウンジャケットで鮮度よく

No image

ジャケットとパンツのワンツーでも十分様になる、鮮やかカラーの魔法。

ベルリンでスナップされた、デジタルクリエイターのアンナ・ウィンター。先にご紹介した二人は定番の黒や白を選んでいましたが、ときにはこんなブライトカラーのダウンジャケットで抜群の着映え効果を手に入れるのもリコメンド。ライトブルーのデニムパンツ合わせも、鮮烈カラーのおかげでモードにきまります。暖色×寒色の配色の繋ぎ役として、小物はシックな黒で統一。トラックソールのブーツで重厚感を加え、今っぽさを上乗せしました。

今試したい、理想の大人カジュアルが手に入る「ダウン×デニム」のコーディネート術をお届けしました。リラックス感はそのままに、こなれたムードをアピールし、絵になるスタイルを叶えてみてくださいね。

Precious.jp(プレシャス)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加