中川翔子、安達祐実とCMオーディション一騎打ちも「クソガキ」で負けた過去

中川翔子、安達祐実とCMオーディション一騎打ちも「クソガキ」で負けた過去

  • SmartFLASH
  • 更新日:2021/11/25
No image

中川翔子が、11月23日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、子役時代の秘話を語った。

中川は5歳から子役をやっており、「安達祐実さんと最終オーディションで一騎打ちになったんです」と告白。「安達さんが『家なき子』の前の『具が大きい』っていうCMで “ドン!” ってなったときの最後に残った」と振り返った。

【関連記事:中川翔子 個人事務所で「資金消失」被害… 俳優・内田朝陽の母に返還請求、実家を仮差押え】

「具が大きい」のセリフで知られたハウス食品のレトルトカレー「咖喱工房」のCMのオーディションで安達と競り合った中川。「『具が大きい』って言って、と大人に言われて、『ヤ~ダ!』って言ったの覚えてるんですよ。クソガキだった」と苦笑していた。

中川の意外な過去にSNSでは大きな反響が寄せられた。

《しょこたんが元子役だったのは初耳だわ》
《しょこたんが子役上がりだったのマジ知らんかった》
《しょこたんそんなに芸歴長いんだ…!子役時代の姿見たいなぁ》

「中川さんは過去にツイッターでも子役時代を回想しています。2013年10月27日には『唯一ソロででたコマーシャルがありました。いまはなき野村トーイの、大きな犬のぬいぐるみに付属の赤いクレヨンで傷をかいて、傷に絆創膏をはって遊ぶというシュールな商品でした』と投稿。また、2017年4月26日には『セントラル子供タレントの子役だった時の写真でてきた』と5歳の頃の写真も掲載していました」(芸能ライター)

子役時代も含めると芸歴31年の中川。人に歴史ありなのだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加