日向坂46宮田愛萌、モコモコ部屋着姿 初小説集「きらきらし」封入特典ポストカード公開

日向坂46宮田愛萌、モコモコ部屋着姿 初小説集「きらきらし」封入特典ポストカード公開

  • モデルプレス
  • 更新日:2023/01/25

【モデルプレス=2023/01/25】アイドルグループ・日向坂46からの卒業を発表した2期生・宮田愛萌。2月28日に発売される初の小説集『きらきらし』より、封入特典ポストカードの絵柄第3弾を先行公開する。

No image

(写真 : 宮田愛萌「きらきらし」封入特典ポストカード(撮影/熊木優))

【写真】宮田愛萌「私の疾患は、すぐに治るものではありません」体調に言及

◆宮田愛萌、モコモコ部屋着姿

封入ポストカード全3種はすべて書籍未掲載のカットになっており、1冊につき1種がランダム封入される。今後、残りの絵柄は順次公開する。ポストカードの裏面にはそれぞれの絵柄で異なる手書きメッセージが書かれており、宮田ならではのユニークな着眼点が満載だ。

今回公開されたのは、「奈良への旅」をテーマに撮影した写真の中からの、宿でのリラックスした姿。宮田自身も大好きだというネイルが印象的な1枚だ。

宮田自らお気に入りからセレクトしたネイルは、執筆した小説にも同じものが登場。宮田本人も「こういう濃い色のネイルを塗ることがあまりなかったので、ワクワクしました。表情や服装なども大人っぽい写真になったと思うので、見ていただくのが楽しみです」と語る。

書籍『きらきらし』は、月刊小説誌「小説新潮」に先行して収録作品の一篇の掲載が決定しており、話題となった。

◆愛する万葉集をモチーフにした連作短編小説集

宮田が高校生の時に出会い、その自由さ・面白さ・奥深さに魅了され、大学でも学んだのが、大好きな万葉集。本書は、その万葉集から好きな和歌を5首選んで、歌から自由に想像を膨らませていった連作短編小説集だ。

執筆にあたり、既に自宅に大量にある資料の他、新たに20冊以上も揃えた宮田。「普段はこれ以上本を増やさないで、と家族に言われますが、今回万葉集の資料が堂々とたくさん買えちゃうのが嬉しくて。ついつい読みふけってしまいました」と話している。

小説を元に、万葉集の舞台・奈良で行われた撮影は、宮田のやりたいことが満載。特に、万葉集の資料がたくさん揃った万葉文化館は真っ先に名前が上がったほど。小説を元に「奈良への旅」をテーマとして撮影した写真は、まるで宮田と一緒に旅したような気分を味わえる。

花畑で無邪気にはしゃぐ姿や、ネイルを塗る大人びた表情、メンバーともよく行くアフタヌーンティーでケーキをほおばる様子など、2期生の中でも姉的立ち位置で「綺麗なお姉さん」の印象が強い宮田の、くるくる変わる豊かな表情が見どころ。今回、宮田たっての希望で、2年前の大学の卒業式でも着た、両親に買ってもらったという思い出の振袖で、レアな袴姿も再現。アイドルとしての卒業を記念した一冊となっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加