紙を立体的な素材に作り変えるリサイクル。ミキサーで砕き、米と混ぜ合わせ、3Dプリンタで作った型で成形

紙を立体的な素材に作り変えるリサイクル。ミキサーで砕き、米と混ぜ合わせ、3Dプリンタで作った型で成形

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2021/07/24
No image

紙は素晴らしい素材だけど、なぜ平べったいものばかりなのかと考えたXYZAidanさん。

そこで、不要な紙やダンボールなどを細かく砕き、少量の米や水と一緒に混ぜ合わせ、3Dプリンタで出力した型に入れて万力で固め、立体的な素材へとリサイクル。

和紙づくりの後半を立体にしたようなもので、出来上がった立体紙はプラスチックのように固く、完全に生分解し、型の形状にあわせて様々な立体を作ることができる。

個人で作るには手間隙かかりすぎるけど、好きな形の立体紙を作れるのはとても良い。

「このプロジェクトをきっかけに、人々や企業が紙の新たな再利用方法や、プラスチックの代替品を見つけられることを望みます」とのこと。

【オススメ記事】金属容器の汚れを液体窒素で落とす様が気持ちいい

Recycle Cardboard into Anything with 3D Printing!

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

kotaro269

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加