スバルの新型SUV「クロストレック」登場! 実は12年前に「ご先祖様」がいた!? どんなモデルだった?

スバルの新型SUV「クロストレック」登場! 実は12年前に「ご先祖様」がいた!? どんなモデルだった?

  • くるまのニュース
  • 更新日:2022/09/23

「XV」の先祖は「インプレッサ」に追加設定された派生グレード

スバルは2022年9月15日に新型「クロストレック」を世界初公開しました。「クロストレック」はコンパクトなボディにスバルのシンメトリカルAWDを組み合わせ、タフな外観を持ったクロスオーバーSUVです。

No image

あまり知られていない!? 「クロストレック」のご先祖様といえる「インプレッサXV」

これまで日本市場では「XV」としてラインナップされていましたが、今回国外市場で展開していた「クロストレック」という車名に統一された形になります。

【画像】クロストレックの「ご先祖様」は時代の先を行っていた! スバルの「SUVテイスト」の車種は他にこんなのも! 写真でチェック(31枚)

スバルは「XV」として今回で3世代目としていますが、実は遡ること12年前に「XV」の“元祖”となるモデルが登場していました。

2010年6月24日、スバルはハッチバックとして登場した3代目「インプレッサ」にクロスオーバーモデルの「インプレッサXV」を追加設定。これが「XV」の元祖ともいえるモデルでした。

インプレッサXVは、「スバルが提案する新しいクロスオーバー“Active Sports Gear”」がコンセプト。

インプレッサの5ドアハッチバックモデルをベースとし、専用のフロントグリル、ボディサイドまで回る大型のルーフスポイラー、無塗装樹脂パーツ付きのフロントバンパー、フェンダーアーチ、ルーフレールなどを採用し、クロスオーバーらしさを強調しています。

インテリアは、ブラウン色をアクセントとしたステッチをドアとシートに施すなど、内外装ともにSUVテイストを盛り込んだモデルとなりました。

グレードは1.5リッターモデルと2リッターモデルのシンプルな展開で、それぞれ2WDとAWDが選べたほか、1.5リッターモデルでは4速ATのほかに5速MT車の設定もありました。

※ ※ ※

スバルはこれまで様々な車種に「SUVテイスト」のグレードを設定してきました。

ステーションワゴンの「レガシィ ツーリングワゴン」は2代目モデルベースの「グランドワゴン」からSUVテイストのグレード設定がスタート。2代目最終モデルと3代目は「ランカスター」、さらに4代目以降は「アウトバック」へと名前を変え、現在でも販売しています。

インプレッサでは「XV」シリーズのさらに元祖モデルも存在。1992年登場のステーションワゴン「インプレッサ スポーツワゴン WRX」に「グラベルEX」を1995年に設定。当時流行した大型のグリルガードや、リアにスペアタイヤを装備するなど、「本気」でSUVテイストとしたモデルでしたが、1996年のモデルチェンジであえなく廃止となりました。

不人気で終わったモデルと、クロストレック・XVシリーズのように長く続いているモデルもあり、今回のクロストレックが人気モデルとして継続していくのかどうか、ますます注目されます。

くるまのニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加