広島 戦力外の今村は目に涙「覚悟していたことなんですけど実感がない」今後は未定

広島 戦力外の今村は目に涙「覚悟していたことなんですけど実感がない」今後は未定

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/16
No image

球団から戦力外通告を受け涙ぐみながら話をする広島・今村猛=マツダスタジアム

広島は14日、今村猛投手(30)ら6選手に来季の戦力外を通達した。

取材に応じた今村は目に涙を浮かべ、「率直に、覚悟していたことなんですけどあまり実感がないことが本音です」と心境を口にした。中継ぎ右腕として3連覇に貢献したが、19年からは不振に陥り「自分が思うような球を表現できず、投げられなかった。それが3年間くらい、自分の悔しさとしてある」と振り返った。

一番の思い出を問われると、「16年の東京ドームの優勝の瞬間。ファンに向けて、本当に感謝の言葉しか表現できない」と感謝。カープについて「すごくいい球団だった」とし、「今後はまだ考えていないです。ちょっと考えようかと思います」とした。

今村は09年度ドラフト1位で入団した。日本を代表するリリーフ右腕となり、13年WBC日本代表にも選出。16年からはセットアッパーとしてリーグ3連覇に貢献した。

だが、徐々に成績が下降し、昨季は6登板。今季は1軍での登板がなかった。通算431試合の登板で、21勝30敗36セーブ115ホールド、防御率3・46だった。

▽通達を受けた選手は以下の通り。

今村猛投手(30)

中村恭平投手(32)

鈴木寛人投手(20)

行木俊投手(20)

佐々木健投手(22)=育成選手

畝章真投手(26)=育成選手

行木は育成で契約する方針。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加