御嶽海7連勝で単独トップ、阿炎は初黒星 照ノ富士1敗守る 正代は4敗目

御嶽海7連勝で単独トップ、阿炎は初黒星 照ノ富士1敗守る 正代は4敗目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

玉鷲(上)を寄り切りで破る御嶽海(撮影・中島郁夫)

<大相撲初場所>7日日◇15日◇東京・両国国技館

関脇御嶽海がただ1人勝ちっぱなしの7連勝とし、単独トップに立った。

前日に横綱照ノ富士から金星をあげたベテラン玉鷲との一番。相手の動きを冷静に見極め、寄り切った。一気にストレート給金を狙う。

昨年秋場所13日目からの連勝が「23」で止まった照ノ富士は、相撲巧者の遠藤に攻められながら落ち着いた相撲で寄り切り。1敗を守った。

6連勝だった阿炎は、先場所に続いて7日目に初黒星。大関正代は3連敗で3勝4敗と黒星先行の厳しい状況となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加