【10キロ立ち往生】「14時間半位全く動かない」新名神高速で巻き込まれ...運転者は?

【10キロ立ち往生】「14時間半位全く動かない」新名神高速で巻き込まれ...運転者は?

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/26
No image

動画を見る(元記事へ)

新名神高速道路、三重県菰野インターチェンジと滋賀県の甲賀土山インターチェンジの間の下り線で約10キロにわたって立ち往生しているということです。この立ち往生に巻き込まれているトラック運転手(41)に話を聞きました。

(Q.今どんな状況か?)
だいたい止まってから14時間半くらい全く動いてない状況で、完全にトラックも雪に埋もれてしまったような状況です。

(Q.どこからどこに向かっていたか?)
静岡の方で、配送を終えて京都へ帰ってる途中です。

(Q.食料やトイレなどは、どうしているか?)
事前にこういった報道があったので、食料はある程度、多めに用意しておいたのですが、やはりトイレが特に苦労している状況です。
お手洗いは私が止まっている場所から1キロぐらい歩くとパーキングエリアがあるので、そちらの方に行くという形になります。
往復で約40分ぐらいかかるような感じになります。
頻繁に行かなくていいように飲食を今、調整してやり繰りしている感じです。

(Q.新名神高速道路でこのようになるという想定は?)
正直なところ、ここまでは予想しなかったです。今のところ全く情報が手元になく、いつ解除するのかというのも全然分からない状況です。

(Q.今、必要なものは?)
燃料です。もう3分の1を切っているので、このままエンジンを掛け続けると、ちょっとやばいかなっていう感じです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加