義母が「トイレで異常行動」...泣きじゃくる妻に、50代サラリーマン夫が取った「意外な行動」

義母が「トイレで異常行動」...泣きじゃくる妻に、50代サラリーマン夫が取った「意外な行動」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2021/06/12
No image

「Uターン介護」の思わぬ結末

実家の親に介護が必要になると、放置しているような“申し訳ない”気持ちになることがあります。

「自分は親不孝なのではないか」

「亡くなった父親が草葉の陰で悲しんでいるのではないか」

「育ててもらった恩返しをするべきなのでは」……。

などなど、さまざまな思いが自分自身を追い詰めていきます。

ユウイチさん(仮名、50代)も、東北地方の田舎でひとり暮らしをしていた母親(80代)のことを気にかけていました。

No image

田舎の親の介護は悩みが深い… photo/iStock

介護認定を受けたのを機に、「ひとりにさせておくのは申し訳ない」と考えるようになったといいます。

そんな折、勤務先で早期退職の募集がありました。ユウイチさんは検討を重ねた結果、退職して実家にUターンすることを決意。最初、渋っていた妻もユウイチさんの思いに根負けして、最終的にはついてきてくれました。

ところが、最善の策と思えた「Uターン介護」でしたが、思わぬ結末を迎えることになってしまったのです。

母と妻に確執が生まれて……

ユウイチさんの母親は父親を見送って実家で一人暮らしとなってからは、毎月のようにバスツアーに参加するなど、ひとり暮らしを楽しんでいました。

しかし、転倒して骨折をしてからは旅行に出かけることもなくなってしまいました。

介護保険の認定は「要介護1」です。

「帰省して母の姿をみると、その背中がひとまわり小さくなったように感じたんです」とユウイチさんは言います。

母親にはユウイチさんの暮らす東京に来るように言いましたが、「ここがいい」と譲りませんでした。

そこでユウイチさんは「ひとりにさせておくのは忍びなくなってきたんです。その想いは高まるばかりで、そんなときに勤務先で早期退職の募集があったため、Uターンすることを決意しました」と振り返ります。

実家に戻ったユウイチさん夫婦は実家の2階で暮らし始めました。

しかし、同居開始から1週間もしないうちから、母親と妻との間に諍いが始まったといいます。

そして「最悪の事態」へ…

「妻は『引っ越してきたからには』と、家事を担おうと考えていました。母親の負担を減らしてあげようという一心で妻はいろいろとやってくれたのですが、むしろそれが母親は気に食わなかったようで……」

たとえば、お皿や調味料の置き方。母親からすると置き方が普段と違うのが嫌らしく、妻が片づけたあとに、母親は台所へ行ってやりなおすのだそうです。

当然、妻からすればいい気持ちがするわけがありません。そこで、ユウイチさんから母親に「僕らが帰ってきたんだから、ゆっくりしなよ」と言ってみるのですが、母親は不服そうな表情を浮かべるばかりだったそうです。

それだけではありません。

母親は自分の衣類を妻には洗わせたくないようで、最初は一緒に洗濯機で洗っていたのですが、次第にそれぞれが洗濯機を回すようになりました。

そのほかにも、妻の作る味噌汁の味が薄すぎるとか、ご飯が硬いとか、母親は些細な文句を独り言のようにつぶやくようになっていきました。母親は独り言のつもりでも、妻の耳にも届くので、妻のストレスも高まる一方で……。

そんなある日、ついに恐れていた最悪の事態が起きてしまったのです。

【後編はこちらから】→『田舎で「Uターン介護」するために早期退職した50代サラリーマン夫婦の悲劇』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加