阪神ドラ5・村上、4回2被弾4失点 2軍でプロ相手に初先発も苦しい投球

阪神ドラ5・村上、4回2被弾4失点 2軍でプロ相手に初先発も苦しい投球

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/05
No image

阪神・村上

「ウエスタン、中日-阪神」(4日、ナゴヤ球場)

阪神・先発のドラフト5位・村上(東洋大)は4回7安打4失点で降板した。前回24日の練習試合・Honda鈴鹿戦では“プロ初先発”を果たし、5回7安打3失点。この日はプロ相手に初めての先発となったが、2被弾を喫するなど苦しい投球となった。

初回2死からは、1軍実績十分の平田に内角低めの直球を完璧に捉えられて、左翼ネット直撃のソロを浴びた。二回には、安打と四球で1死一、二塁とすると、大野奨にスライダーをうまく合わされて左翼線に適時二塁打を許す。

三回には、先頭・渡辺に直球を捉えられて右翼へのソロを被弾した。四回には先頭・伊藤に三塁線を破る二塁打を許し、ボークで2死三塁とされ、石岡に遊撃への内野安打を許して4点目を失った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加