ロペス、史上最年少で4団体統一王者に 判定には疑問の声も/BOX

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/18

プロボクシングWBA、WBC、WBO、IBF世界ライト級王座統一戦が17日(日本時間18日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンターで行われ、IBF王者のテオフィモ・ロペス(23)=米国=がWBAスーパー、WBCフランチャイズ、WBO王者のワシル・ロマチェンコ(32)=ウクライナ=に3-0で判定勝ち。史上最年少で男子では5人目の世界主要4団体統一王者となった。

「プレッシャーをかけ続けることができた。ニュージェネレーションが誕生した」

序盤から手数で上回り、ボディーを中心に攻めた。右ストレートや右アッパーも繰り出したが有効打は少なかった。ロマチェンコは手数が少ないものの、的確にパンチを当て技術とスピードで上回っているところを見せた。

ジャッジ3人は116-112、119-109、117-111でロペスを支持したが、判定は議論を呼びそうだ。ロペスは「判定、スコアカードの内容がどうあれ、私には関係ない。これは私が勝ち取ったもの。真の王者であるということに変わりはない」と話したが、再戦を望む声は大きくなるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加