[W杯マッチ18]開催国が枠内シュート0の無得点では終われない 失意の開幕戦から立ち上がったカタールの奮闘

[W杯マッチ18]開催国が枠内シュート0の無得点では終われない 失意の開幕戦から立ち上がったカタールの奮闘

  • theWORLD
  • 更新日:2022/11/26
No image

第1戦でも惜しいシュート放っていたムンターリーが反撃の一撃 photo/Getty Images

サポーターの声援を背にカタールは初ゴールを奪いに仕掛けた

MATCH 18 グループA 第2節

2022年11月25日16:00キックオフ(会場:アル・トゥマーマ・スタジアム)

カタール 1-3 セネガル

FIFAワールドカップ開催国として躍進が期待されたカタール代表は、開幕戦のエクアドル戦で大きな失望を味わった。攻守両面でほとんど良いところがなく、枠内シュート0のまま0-2で敗北。ワールドカップという大舞台に緊張もあったのか、どこか浮き足立ったプレイが目についた。

しかし、この日のカタールは一味違った。第2節でセネガルと激突したカタールは攻守両面で積極的な姿勢を披露。エクアドル戦は球際の攻防も頼りなかったが、セネガル戦ではきっちりと戦えていた。[5-3-2]を基本とした戦い方に違いはないが、カタールはアグレッシブだった。

33分には攻撃をコントロールするFWアフィーフがカウンターから抜け出してペナルティエリアへ侵入すると、背後から詰めてきたサールと接触。PKとは判定されなかったが、エクアドル戦では見られなかったチャンスメイクだ。

試合は前半41分にセネガルが左から送り込んだクロスをフーヒーがクリアミスしてしまい、こぼれたところをディアに詰められてセネガルに先制を許したが、消極的なまま2点を奪われたエクアドル戦とは印象も違っていたことだろう。0-1とリードされたとはいえ、まだ希望を持って前半を折り返すことができた。

No image

セネガルは欠場するマネの後輩アタッカーたちが躍動 photo/Getty Images

セネガルは終盤に押し込まれながらも3-1で勝利

対するセネガルは初戦でオランダに敗れており、こちらも勝ち点3が欲しい。大エースのサディオ・マネを負傷で欠いているものの、このカタール戦ではディア、ディエング、サールといった後輩アタッカーたちが躍動。5大リーグで活躍するアタッカーが揃っていることもあり、1対1の局面での迫力はなかなかのものがある。

41分に先制すると、後半始まって早々にはコーナーキックからディエディウが合わせて2点目をゲット。絶対に勝っておきたいカタール相手に2点をリードする。ここまではプラン通りだったはずだ。

ただ、その後のゲーム運び今後の課題か。74分にFWムンターリーを投入してきたカタールに逆襲を許す格好となってしまい、危ないシーンを何度も作られてしまった。78分にはそのムンターリーにヘディングからゴールを許し、1点差に。この試合でカタールに計10本のシュートを打たれており、開催国のサポーターを押せ押せムードにしてしまった。

84分には右サイドを崩したところからディエングのゴールで3-1とリードを広げて試合を締めくくったが、果たして最終節のエクアドル戦に勝てるだろうか。ひとまずカタール相手に必須の勝ち点3確保に成功したセネガルは、グループ突破をかけて最終節へ臨む。

一方のカタールは敗れたが、大会初ゴールも奪えた。これは大きな収穫で、サポーターも大いに沸いた。最終戦の相手が欧州の強豪オランダであることを考えると、3連敗で終わるかもしれない。それでも仕掛ける姿勢は見せてほしいところで、セネガル戦の終盤に見せた勢いをオランダ戦でも続けたい。アフィーフ、アルモエズ・アリ、ムンターリーの3枚が絡む攻撃は迫力があり、オランダ守備陣を驚かせることも出来るはずだ。

No image

カタールは終盤に良い感覚を掴めたはずだ photo/Getty Images

[スコア]

カタール 1-3 セネガル

[得点者]

カタール

78分ムハンマド・ムンターリー

セネガル

41分ブライユ・ディア
48分ファマラ・ディエディウ
84分バンバ・ディエング

[ポゼッション]

カタール 39% セネガル 47% 中立 14%

[シュート数]

カタール 10本 セネガル 12本

[枠内シュート]

カタール 3本  セネガル 4本

[イエローカード]

カタール3枚

イスマイル・ムハンマド
ホーマム・アフメド
マディボ

セネガル3枚

ブライユ・ディア
イスマイル・ヤコブス
パテ・シス

[ラインナップ]

カタール

フォーメーション:[5-3-2]

監督:フェリックス・サンチェス

GK
メシャール・バルシャム(アル・サッド)

DF
イスマイル・ムハンマド(アル・ドゥハイル)
ペドロ・ミゲル(アル・サッド)
ブーアッラーム・フーヒー(アル・サッド)
アブドゥルカリーム・ハサン(アル・サッド)
ホーマム・アフメド(アル・ガラファ)

MF
ハサン・アル・ハイドゥース(アル・サッド)
カリム・ブディアフ(アル・ドゥハイル)
アサム・マディボ(アル・ドゥハイル)

FW
アルモエズ・アリ(アル・ドゥハイル)
アクラム・アフィーフ(アル・サッド)

交代出場

69分ブディアフ→アブドゥルアジズ・ハテム(アル・ラーヤン)
74分アル・ハイドゥース→ムハンマド・ムンターリー(アル・ドゥハイル)
83分ホーマム・アフメド→タレク・サルマン(アル・サッド)
83分ペドロ→モハメド・ワエド(アル・サッド)

セネガル

フォーメーション:[4-4-2]

監督:アリウ・シセ

GK
エドゥアール・メンディ(チェルシー/イングランド)

DF
イスマイル・ジャコブス(ASモナコ/フランス)
カリドゥ・クリバリ(チェルシー/イングランド)
ユスフ・サバリ(ベティス/スペイン)
アブドゥ・ディアロ(ライプツィヒ/ドイツ)

MF
イドリッサ・ガナ・ゲイェ(エヴァートン/イングランド)
ナンパリス・メンディ(レスター/イングランド)
クレパン・ディアタ(モナコ/フランス)
イスマイラ・サール(ワトフォード/イングランド)

FW
ブライユ・ディア(サレルニターナ/イタリア)
ファマラ・ディエディウ(アランヤスポル/トルコ)

交代出場

64分ディアタ→パテ・シス(ラージョ・バジェカーノ/スペイン)
74分ディエディウ→バンバ・ディエング(マルセイユ/フランス)
74分サール→イリマン・エンディアイェ(シェフィールド・ユナイテッド/イングランド)
78分ジャコブス→パプ・アブ・シセ(オリンピアコス/ギリシャ)
78分ナンパリス・メンディ→パペ・マタル・サー(トッテナム・ホットスパー/イングランド)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加