『沈黙の艦隊』が実写映画化 原作者が“海江田艦長”大沢たかおを絶賛「海江田はここにいた」

『沈黙の艦隊』が実写映画化 原作者が“海江田艦長”大沢たかおを絶賛「海江田はここにいた」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2023/01/25
No image

発表会に登場した大沢たかお(左)と原作者のかわぐちかいじ氏【写真:ENCOUNT編集部】

9月29日に東宝系にて劇場公開

漫画『沈黙の艦隊』が実写映画化され、俳優の大沢たかおが主演およびプロデューサーを務めることが25日、分かった。発表の場となった「Prime Video 新年発表会」には大沢のほか、原作者のかわぐちかいじ氏ら制作陣が登壇した。

1988年から96年まで『モーニング』(講談社)で連載され、累計発行部数3200万部を誇る『沈黙の艦隊』。日米共同で極秘裏に建造された日本初の原子力潜水艦を奪い、乗員76人を伴って航海中に逃亡した艦長・海江田四郎の理想とする世界の実現に向かっていくさまを描く。

原作者のかわぐち氏は、執筆時に「読者に分かりやすいように映像を思い浮かべながら描いている」とし、本作は「絶対に実写化できないと自信があった」という。実写映画化のオファーがあった際は「なんて無謀な、と感じた」と素直に明かしつつ「同時にある種のチャレンジする爽快感がある。いまは早くみたいと思っている」と期待を寄せた。

撮影は昨年の夏から開始しており、現場にはかわぐち氏も足を運んだ。かわぐち氏は「漫画を描くときキャラクターのモデルを設定するが、海江田だけはモデルは設定していなかった。あえていえば、幸福感と生命感を表しているというアルカイックスマイルを想定し、謎めいた感じを込めた。この間、セットを拝見して、白い軍帽を大沢さんがクイッとあげると光る目が見えた。そのとき『あ、海江田はここにいた』と納得した。それ以来、海江田艦長は大沢さんだとオーバーラップした」と太鼓判を押した。

原作者からのお墨付きを得た大沢は「実写化不可能と言われたこの作品を30年の時を経て今、挑戦している。令和の今、やるべき作品だと信じている。かわぐち先生に喜んでもらえるように、みなさんが見て言葉を失うような、新しい力のある日本映画を見せられるように懸命に頑張っている」と意気込みを示した。

9月29日に東宝系にて劇場公開。なお、Prime Videoが日本の劇場映画を製作するのは初の試み。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加