合同訓練で国際救助力向上 県内5消防局が石川で〈藤沢市〉

合同訓練で国際救助力向上 県内5消防局が石川で〈藤沢市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/09/23

市内石川の市消防防災訓練センターで13と14日の両日、高度な救助資機材や技術で海外被災地で活動する「国際消防救助隊」の県内合同訓練が行われた。

藤沢、横浜、川崎、相模原、横須賀の5消防局と第三管区海上保安本部から同隊に登録する隊員20人が参加した。

10人ずつ分かれて行われた訓練は、アジア某国でM8級の地震が発生したと想定。外務省を通じて派遣要請を受け集まった隊員は、活動方法の情報共有や連携を確認しながら、倒壊した建物での被災者探索や、川に取り残された車内の人命救助訓練を行った。

No image

人命探索訓練のようす(=13日・市消防防災訓練センター)

タウンニュース藤沢版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加