今年の台湾ドラフトは即戦力の宝庫 元ロッテ・チェンら1位指名5人は全員が元日米プロ

今年の台湾ドラフトは即戦力の宝庫 元ロッテ・チェンら1位指名5人は全員が元日米プロ

  • フルカウント
  • 更新日:2021/07/21
No image

楽天から1位指名を受けた陳冠宇(チェン・グアンユウ)とCPBL蔡コミッションナー【写真:(C)CPBL】

全体1位指名は最速159キロ右腕の江少慶投手

台湾プロ野球(CPBL)のドラフト会議が7月12日に行われた。台湾では5月上旬から新型コロナウイルスの感染が急拡大。1、2軍の公式戦は中断され、ドラフト会議もオンライン開催となったが、MLB(傘下)や日本プロ野球(NPB)でプレーした代表クラスの大物6選手を含めて史上最多の157人が参加するとあり、大きな注目を集めた。

台湾プロ野球のドラフト会議は完全ウェーバー制を採用している。今年は富邦ガーディアンズ、楽天モンキーズ、中信兄弟、統一セブンイレブンライオンズ、そして味全ドラゴンズ(今季から1軍参入のため、くじ引きで決定)の順で、指名が行われた。

富邦は、2月下旬に練習生に相当する契約を結び、既に2軍で登板していた最速159キロ右腕の江少慶投手を1位指名した。2018年、2019年にインディアンス傘下3Aでプレー、2019年の「プレミア12」でも先発の軸として安定した投球をみせた江少慶は昨オフも日米数球団からオファーを受けていたという。しかし、「いの一番」の指名権を獲得した富邦からの熱いラブコールに応え、台湾でのプレーを決断した。

続く楽天は、社会人チームとの半年間の契約満了後、6月中旬に練習生契約を結び、チームの練習に加わっていた元ロッテの左腕、陳冠宇(チェン・グアンユウ)投手を指名した。さらに、中信兄弟は元阪神の呂彦青(ル・イェンチン)投手、統一はレイズ時代の2017、18年にメジャーで計11試合に登板した胡智為投手、味全は元インディアンス傘下3Aでのプレー経験がある吉力吉撈.鞏冠(Giljegiljaw Kungkuan ※台湾原住民族パイワン族の名前)捕手を指名。結局、5球団全てが日米のプロリーグでプレー経験のある即戦力選手を1位指名するかたちとなった。2位は高校生に指名が集中。残る1人の「海外組」、元カブスの曾仁和投手は楽天が3位で指名した。

日本の学生野球出身者では、統一が7位で、謝修銓内野手(岡山・共生高-天理大-合作金庫)を指名した。八戸学院光星で選抜高校野球大会大会にも出場した蔡鉦宇内野手(八戸学院光星-拓殖大学-福島レッドホープス-兵庫ブルーサンダーズ)は惜しくも指名漏れとなった。

今年のドラフトは、新型コロナウイルスの影響で新人トライアウトが中止となったため、トライアウトの書類審査通過者95人が直接指名対象に。参加者は史上最多の157人に達したが、指名選手は昨年より10人以上少ない37人だった。

楽天・陳冠宇は既にチームメートと息ぴったり、優勝への意気込み語る

元NPBの2選手について紹介しよう。まずは、元ロッテの陳冠宇。今回のドラフト中継では、指名ごとに各球団のブースが映し出されたが、司会者が陳の名前を読み上げると、楽天の曾豪駒監督はファンにアピールするかのように「チェンチェン大丈夫です!」と日本語で書かれたボードを両手で掲げた。

指名直後、インタビューを受けた陳は楽天の高い評価に感謝。チーム練習の参加期間も、曾監督や許銘傑投手コーチが全力でサポートしてくれたとして「できるだけ早く桃園国際球場のマウンドに立ち、球団、監督、そしてチームメートのために優勝を勝ち取りたい」と抱負を述べた。1軍公式戦への出場が可能となる後期シーズンに向け、現在は先発として長いイニングを投げるための調整を行っているといい「怪我なくシーズンで実力を発揮したい」と意気込んでいる。

練習参加から約1か月、ロッテ時代から楽天モンキーズとは交流があった上、ナショナルチームのチームメートが多いこともあり、すっかりチームに溶け込んでいるようだ。「先輩も後輩もとても親切で、面倒見がいい。あたたかいファミリーに加わることができ、とても嬉しい」とのコメントからは、満足している様子がうかがえる。

陳はまた、若手投手数人の名前を挙げ、潜在能力の高さを評価。彼らが不調に陥った際には、日本での経験を基に「サポートしたい」とも述べている。楽天の若手投手にとって「チェン先輩」は心強い存在となりそうだ。

チームを率いる曾監督も、陳の人柄に魅了されているようだ。曾監督は指名翌日、陳について選手としての実力への高い評価はもちろん「話し方や態度からはIQの高い選手ということが伺える」と称賛。さらに「陳冠宇の笑顔が好きだ。彼の笑顔は皆を楽しい気分にさせる」と話し、報道陣を笑わせた。

呂彦青は、元阪神の林威助監督率いる中信兄弟入り

一方、昨季限りで阪神を退団した呂彦青は当初、海外でのプレーを希望していたが、今年2月に味全の練習に参加した。その後は練習生契約を結び、味全2軍の一員として10試合(3試合先発)に登板。27回を投げ被安打16、28奪三振、失点3(自責2)、防御率0.67と活躍した。

6月中旬に味全との契約を終えると、中信兄弟の練習に合流。25歳と若く、先発もできる貴重な左腕とあり、上位指名が有力視される中、全体3位の1巡目で中信兄弟の指名を受け、再び黄色を基調としたユニホームに袖を通すことになった。

中信兄弟の林威助監督は、指名理由について「呂彦青には3年間の日本球界での経験がある。1軍登板は少なかったが(実際は未登板)、彼の経験は現在の投手陣にとってプラスになる」と説明。期待を示した。

呂は台湾でのプレーを決断したことに「プロ野球選手にとって最も必要なのは舞台だ。今の自分にとって台湾プロ野球はベストの選択なので戻ってきた」と説明。機会を与えてくれた中信へ感謝を示すとともに「実力を発揮し、チームの優勝に貢献したい」と意気込んだ。

呂によると、約1か月間の練習参加を通じ、チームメートとも仲良くなったという。また、阪神の先輩でもある林監督とは、日本での生活や阪神時代の練習について話をしたと明かした。

中信兄弟は、阪神同様に熱狂的なファンが多いことで知られる。呂青は「プレッシャーはない。やるべきことをやり、しかるべきパフォーマンスをみせ、自分に恥じることないプレーができればいい」と決意を示した。

起用方法については現時点では決まっていないというが、中信では後期シーズンスタート後、すぐに1軍登板ができるよう、早速、契約に向けた話し合いを進めていくという。ドラフト会議ではやや硬い表情だったが、台湾では陳と共に「微笑左投(笑顔のサウスポー)」というニックネームをもつ。台湾プロ野球の環境に慣れた頃にはリラックスした表情もたくさんみせてくれそうだ。

ドラフト指名選手は、後期シーズンから1軍出場可能に

冒頭でも触れたように、台湾では5月中旬から新型コロナウイルスの感染が急拡大。5月18日から1軍公式戦が、5月19日からは2軍公式戦が一時中断となった。2か月近い休止期間を経て、ようやく7月13日に1軍公式戦が無観客で再開された。

ドラフト会議は例年、前期シーズン終了後に行われるが、今年は、リーグ休止期間が長期間に及んだため前期シーズン中に開催される異例の事態となった。今年は即戦力選手がドラフト会議に多く参加したこともあり、前期シーズンの各球団の戦力に大きな影響を与えることが必至であることから、GM会議でドラフト指名選手は、後期シーズンから出場可能とすることを決めた。

使用球場の調整もあり、前期シーズンの詳細日程は明らかにされていないが、順調に残り試合を消化できた場合、8月中旬から下旬にも終了。後期シーズンは8月下旬から9月初旬にも開幕する見込みとなっている。早ければ、来月末にも陳、呂が台湾プロ野球でプレーする姿が見られることになる。

同時に楽しみなのがグッズの販売。特に各球団のドラフト1位の選手たちは正式入団後、すぐにさまざまなグッズが販売されるとみられる。陳は指名後のインタビューで。名前が中国語で記されたユニホームに袖を通すことを「楽しみにしている」と話していた。楽天モンキーズのグッズは、日本の楽天市場でも購入が可能となっている。残念ながら、今季も日本から台湾の球場へ応援にかけつけることは厳しそうだが、モニターの前でグッズを身に着けて声援を送れば、気分も盛り上がりそうだ。(「パ・リーグ インサイト」駒田英)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」駒田英

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加