侍ジャパン、準決勝最大の敵は時差ボケ? 元メジャー高橋尚成氏が「そこが一番大変」

侍ジャパン、準決勝最大の敵は時差ボケ? 元メジャー高橋尚成氏が「そこが一番大変」

  • Sirabee
  • 更新日:2023/03/19
No image

読売ジャイアンツ・メジャーリーグなどでプレーした野球解説者の高橋尚成氏が、19日に自身のYouTubeチャンネルへ動画を投稿。21日朝に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝・日本対メキシコ戦について分析した。

【動画】最大の敵となるのは…

■プエルトリコよりは戦いやすいと分析

大会は18日にメキシコ対プエルトリコの準々決勝が行われ、メキシコが勝利し準決勝へ進出。侍ジャパンと激突することになったが、高橋氏はこれに「プエルトリコのほうがやりにくい相手」との持論を展開した。

理由に関しては、プエルトリコにはメジャーで大谷翔平選手とバッテリーを組んだマルドナード選手がおり、クセや弱点が知られているかもしれないと懸念。

また、横浜DeNAベイスターズのソト選手も代表であり、日本の情報が知られていることから「(メキシコのほうが)日本にとっては戦いやすい相手じゃないかなと思う」と述べた。

関連記事:GG佐藤、WBCメキシコ戦解説をアピール? 現役時代「メキシコ人と同部屋で…」

■「一番大変」と指摘したのは…

続けて、メキシコの戦い方を分析すると、ここまで打線を繋いできた近藤健介選手がキーマンになると予想。投手陣は第2先発がカギになるとし、高橋奎二投手や宮城大弥投手の名前を挙げた。

その後は球場の特徴も語っていったのだが、最後には「そこが一番大変じゃないかなって思う」として、舞台であるマイアミと日本の“時差ボケ”が壁になると指摘する。

■通常なら2週間を要する

高橋氏は「ほぼ真逆なんですよね、夜と朝が」「やっぱりキツイとは思う」と語り、「大体、1時間で1日と言われているんですよ、時差ボケ治るのに」「(時差が)13時間ってことは、本来だったら2週間くらかかる」とコメント。

まだ体が慣れない中での戦いに懸念を示したが、一方で「対策は練ってると思うんですよね。どうしたら寝られるのかとか、体が早く戻るのかとか」「着いて何時間後かには佐々木(朗希)投手とか練習したって聞いてるので」と楽観視もしている。果たして、本番ではどんな戦いが繰り広げられるのか。

■【動画】最大の壁となるのは…

(文/Sirabee 編集部・玉山諒太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加