AI問診を活用したがん薬物療法の治療支援の評価研究-日立など

AI問診を活用したがん薬物療法の治療支援の評価研究-日立など

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/11/20
No image

がん研究会有明病院と日立製作所は11月19日、タブレット型ロボットをがん薬物療法中の患者の体調や副作用状況などの事前確認に利用した場合の効果についての評価研究を、2020年11月末に開始すると発表した。外来診療前に患者の状態把握を行い、より適切な治療の提供をサポートするとともに、医療従事者の負担軽減の効果を評価する。

ドコモ、商用5Gを活用した遠隔手術支援システムの実証実験

同病院では1日あたり約1800人の外来患者が来院するため、事務職員や看護師を始めとした医療従事者は外来患者の薬物療法に伴う副作用の症状チェックなどに多くの時間を費やしており、医療従事者の業務負担が増加しているという。

両者は医療従事者の業務負担低減策の一環として、2020年11月末から2022年3月末まで同研究を実施する。

第1段階として、外来で薬物療法を受ける大腸がんの患者を対象に、これまで医師の診察待ち時間の間に薬剤師が行っていた抗がん剤の副作用発症状況の確認を、タブレット型ロボットを用いて行う。問診結果は病院内のサーバに保管し、薬剤師はこのタブレット問診の結果をPCで確認して、対面による問診が必要かどうかを判断する。

また、外来当日の血液検査などの検査結果と合わせて患者の状態に関する情報をAI(人工知能)を使用して分析し、副作用が出ており当日の治療に注意が必要な患者や抗がん剤の投与を見合わせた方が良い患者などに分類し、副作用の見逃しを防止する仕組みを構築するとしている。

さらに、分析結果を薬剤師、医師、看護師などの医療従事者が情報共有できる仕組みの検証を行うと共に、対象となるがんも今後増やしていく予定だ。

第2段階では、問診中の顔の表情などの生体情報なども含めて分析できる仕組みを構築・検証を行っていくことを計画しているという。

これらの取り組みにより、薬剤師が1人の患者の問診にかける時間を短縮でき、業務負担を軽減できると共に、患者の状態に合わせた治療を行うことで副作用の軽減も図れるとし、当日の体調と副作用の発現の傾向を分析し、副作用の少ない治療法の検討に役立てることも目指す方針だ。

山本善之介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加