WHILL、月額1万4800円で誰でもWHILLを借りられる「WHILLレンタル」を開始

WHILL、月額1万4800円で誰でもWHILLを借りられる「WHILLレンタル」を開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/04/08
No image

WHILLは4月8日、年齢や介護保険の有無にかかわらず、誰でも簡単な手続きで月額1万4800円(非課税、送料別)で、同社が手掛ける近距離モビリティの最新モデル「WHILL Model C2」をレンタルすることができる「WHILLレンタル」を開始したことを発表した。

WHILLが目指す“非・要介護高齢者”向けのマーケティングとは?

現在、日本で歩きづらさを感じる65歳以上の高齢者は1000万人ともいわれ、実に高齢者の3人に1人ほどの割合とされている。また、歩きづらさを感じる高齢者ほど、身体の衰えを感じる割合が高く、そのためフレイルが進行する懸念などを専門家が指摘している。

一方で、歩行困難な高齢者を中心として利用される電動車いす市場は年間約2万5000台程度で、歩きづらいと感じる人の数を大きく差が生じている。これは購入するか介護保険を用いたレンタルが主流であるためで、誰でも気軽に使える、という状況にないことが大きな原因であると同社では指摘している。

また、同社のWHILLは近年、町中で利用者を見かけることも増えたが、そうした姿を見た人から、「一度使ってみてから購入したい」、「いつまで使うかわからないから購入をためらう」といった声があがっていたという。

こうした背景を踏まえ、同社は今回、気軽に高齢者が使えるサービスとして、WHILLレンタルを開始することを決めたとする。

同サービスは、主に高齢者を対象としているため、専門スタッフによる電話でのサポートや、搭乗者にあわせた調整、操作説明、運転アドバイスの実施、さらには自宅周辺や毎日通る道での操作になれるまでのサポートなどが提供される。

また、修理や返却も電話での対応が可能で、専門スタッフが自宅まで引き取りに訪れるという。

なお、レンタルの申し込みは電話のほか同社Webサイトからも可能。支払いはクレジットカードのみでの受付としているほか、オプションサービスとして、東京海上日動火災保険株式会社が開発に携わった、保険とロードサービスなどが一緒になったサポートサービス「WHILL Smart Care」(月額2420円)や予備バッテリー(月額2420円)も用意されている。

小林行雄

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加