未来の道案内!ブイテック研究所が東大研究室と開発した「経路映像合成技術」

未来の道案内!ブイテック研究所が東大研究室と開発した「経路映像合成技術」

  • Techable
  • 更新日:2020/10/17

株式会社ブイテック研究所(以下、ブイテック研究所)は、東京大学大学院情報理工学系研究科の相澤研究室(電子情報学専攻)と連携。共同開発成果として、任意の経路に沿って360度動画を再構成する「経路映像合成技術」を発表した。

対象エリア内ならどんなルートでも対応可能!

目的地への経路をスマートフォンで調べたが、なかなかたどり着けない……という経験をしたことはないだろうか?経路を動画で教えてくれる「経路映像合成技術」が普及すれば、そういった問題もなくなるかもしれない。

同技術の仕組みは、なかなかユニークなものとなっている。事前準備として、対象エリアにおけるすべての道を360度カメラで撮影。その後、撮影した映像と位置情報をひも付けた状態でデータベース化しておく。そうすることにより、「駅へのルートを調べたい」などのリクエストに応じて、映像合成を自動で行える。

なお、ブイテック研究所のWebサイトでは、「経路映像合成技術」に関する1分30秒程度の紹介動画が公開されている。同技術に興味を持った方は要チェックだ。

バーチャル観光サービスでの活用も検討

ブイテック研究所に対して出資を行う株式会社JR西日本イノベーションズは、「経路映像合成技術」による駅周辺の案内動画提供を計画している。

また、インタラクティブな映像技術を用いたバーチャル観光サービスでの活用も検討中とのこと。今後の展開に期待が高まる。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

早川あさひ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加