「ミニ日韓戦に完勝」 ソン・フンミン、冨安所属のアーセナル戦勝利に韓国メディア反応「決定的な役割を果たす」

「ミニ日韓戦に完勝」 ソン・フンミン、冨安所属のアーセナル戦勝利に韓国メディア反応「決定的な役割を果たす」

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/05/14
No image

トッテナムFWソン・フンミンとアーセナルDF冨安健洋【写真:AP & Getty Images】

ホールディングが2枚目のイエローカードで退場した影響もあり、アーセナルが0-3完敗

イングランド1部アーセナルの日本代表DF冨安健洋は、現地時間5月12日に行われたプレミアリーグ第22節延期分のトッテナム戦にフル出場した。イングランド代表FWハリー・ケインに2得点、韓国代表FWソン・フンミンに1得点を許して0-3で完敗を喫したなか、韓国メディアは「ミニ韓日戦に完勝」と伝えている。

トップ4争いの“ノースロンドン・ダービー”で先手を取ったのはトッテナムで、エースのケインが前半22分にPKを決めて先制した。さらに、アーセナルにピンチが襲う。前半33分にイングランド人DFロブ・ホールディングが2枚目のイエローカードを受けて退場処分。10人となり、左サイドバック(SB)としてスタートした冨安もCBでプレーしたが、トッテナムに追加点を許し、後半2分にはソン・フンミンにもゴールを決められ、最終的には0-3で敗れた。

アーセナルはホールディングが退場処分となったほか、同じくCBのブラジル人DFガブリエウ・マガリャンイスも後半31分に負傷交代。イングランド代表DFベン・ホワイトも実戦からしばらく離れており、守備陣の中では冨安は奮闘したと言っていい。ケインがボールを持ち、ペナルティーエリア内に侵入した前半27分には、マークについた冨安が身体を投げうってシュートをブロックして得点を阻止した。

ただ、ソン・フンミンがゴールを決めたうえ、トッテナムが完勝したこともあり、韓国のスポーツ・芸能専門サイト「スターニュース」は「ミニ韓日戦に完勝。ソン・フンミンが決定的な役割を果たす」と、ソン・フンミンと冨安の対比を伝えていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加