関ジャニ∞「18祭」レポート 25万人超が目撃した「真っ盛りの青春」とは

関ジャニ∞「18祭」レポート 25万人超が目撃した「真っ盛りの青春」とは

  • AERA dot.
  • 更新日:2022/08/06
No image

7月17日(日)に日産ドームで行われた関ジャニ∞の「18祭」から。全4公演で25万人超を動員した。(撮影/小黒冴夏)

関ジャニ∞のデビュー18周年のスタジアムライブ「18祭」が計4日間にわたり開催、計25万4千人を動員した。その模様をレポートする。AERA2022年8月8日号の記事を紹介する。

【写真】関ジャニ∞「18祭」ライブレポートの写真の続きはこちら*  *  *

地上25メートル、メインステージの上空デッキに、巨大な「18」が縫い込まれた、きらめく衣装を着た5人が現れた。

「あっついなぁ。皆さんLet you go……いや、熱中症には気を付けて。天候は晴れ。日産スタジアムにて18祭、いざ開幕!」

丸山隆平が茶目っ気たっぷりに開会宣言を行うと、スタジアムを埋め尽くす7万2千人の“エイター”(関ジャニ∞のファンの呼称)は、歓声の代わりに大きな拍手を送った。

オープニングは「無責任ヒーロー」。メインステージに降り立ち、心から楽しそうにパフォーマンスを届ける5人に、エイターもペンライトを振り、同じ振りを踊って喜びを伝え合う。「がむしゃら行進曲」では「“今日の日”にありがとう」を「エイターにありがとう」と歌うなど、愛を感じる替え歌が随所にちりばめられ、この日を待ちわびたファンの心に寄り添った。

注目は「ジャニーズメドレー」。ピンクの衣装にはじける笑顔と甘い歌声で「なにわ男子」のデビュー曲「初心LOVE」を完コピすると、会場には笑いとどよめきが。「A・RA・SHI」では、「嵐」のデビュー当時のMVが流れる横でスケスケの衣装を着た5人が登場し、村上信五がコテコテの大阪弁で“サクラップ”を披露。関ジャニ∞にしか許され……もとい、できないパフォーマンスで「ええじゃないか」(ジャニーズWEST)まで13曲を紡いだ。

舞台装置もド派手だ。夏のお祭り曲「罪と夏」や「熱闘甲子園」のテーマ曲「オモイダマ」などのパフォーマンス中には、高さ20メートルものウォータースプラッシュが何度も噴き上がり、メンバーも一部のエイターもずぶ濡れになった。水を滴(したた)らせながら、サッと髪を結う安田章大、オールバックにかき上げながら歌い踊る大倉忠義や丸山の姿の、なんとセクシーなこと。

■最新曲をバンド演奏

中盤のMCタイムでは、村上のドリンクがないハプニングが起きた。「誰が届けに来るか、チャンスやぞ」と、横山裕が関西ジャニーズJr.を煽る。だが、いざ水が届くと横山が強引に奪い、自ら村上に手渡した。村上の「お前かい!」に会場は大爆笑。息の合った掛け合いに、大倉、安田、丸山は「夫婦漫才や!」と笑い合った。

後半戦は、彼らが戦隊ヒーローに扮する「エイトレンジャー」が登場、続いて関ジャニ∞の妹分の「キャンジャニ∞」が応援に駆け付けた。キャンジャニは彼らが女装するアイドル。仲の悪い(設定の)倉子(大倉)と丸子(丸山)が小競り合いを繰り広げ、賑々しくステージを彩った。

いよいよ最後は、関ジャニ∞の代名詞でもあるバンド演奏へ。大倉は時に立ち上がってドラムを叩き、横山はトロッコに足をかけてギターをかき鳴らす。楽しくて仕方ないという表情の安田、無造作に髪を下ろし真剣な表情でベースと向き合う丸山、村上はキーボードを弾きながら片手で客席を煽る。昨年、5人でレコーディングし直した「ここに」から、横山が猛特訓し、ギターとしてレコーディングに初参加した最新曲「喝采」まで8曲を届けると、会場のボルテージは最高潮に達した。

■これからも走り続ける

1人ずつ感謝も語った。

「振り返れば悔しいこと、つらいこと、腹立つこともたくさんありました。でもこういう景色、メンバーと共に過ごす時間が、それも必要な時間だったと再認識させてくれる。いろんな捉え方はありますが、僕はまだ18年だと思っています」(村上)

丸山は自身のメンバーカラーであるオレンジに染まった会場に声を詰まらせ、涙を堪えた。

「デビュー当時はペンライトの意味とか歓声の意味とか、何もわからず無邪気に楽しんでました。続ければ続けるほど、その重さと後押ししてくれる強さに胸を打たれています」(丸山)

「ここまで連れてきてくれてありがとう! 俺らは人情に恵まれたグループです。みんなの人情のおかげで、どんなことがあっても走ってこられた。だから、真っ暗闇の中に独りぼっちと感じた時も、必ず関ジャニ∞という明かりが灯されてることは忘れないでください」(安田)

「セットリストを見て、18年、いろんなことやってきて、いろんなこと乗り越えてきたなと思いました。ただ、ここからも僕らは走り続けます。どうかついてきてください」(横山)

「あきらめずに走ってきてよかった。この景色を見られる人が世界にどれくらいいるんだろう。僕ら、幸せもんだなって思う半面、この景色じゃないと満足できない体になってしまっている。また皆さんと会える日を楽しみにしています」(大倉)

フィナーレは「青春FIREWORKS」。800発の打ち上げ花火が華やかに締め括った。

関ジャニ∞は4日間の18祭で、グループの歩みを感じる約30曲を計25万4千人に届け、魅了した。だが、18歳といえば青春真っ盛り。横山の言葉通り、青臭く泥臭く、これからも走り続けるのだろう。(ライター・大道絵里子)

※AERA 2022年8月8日号

大道絵里子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加