原監督「眠っているのは田口ぐらい」#キャンプ語録

原監督「眠っているのは田口ぐらい」#キャンプ語録

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

巨人秋広に打撃指導をする原監督(右)(撮影・鈴木みどり)

<#キャンプ語録:21日>

春季キャンプ21日目の語録を送ります。

▽ソフトバンク工藤監督「30代から40代になった時はショックでしたね。20から30代になった時もありましたけど、もう40かと。でも野球が大きく変わることはない。野球に集中する時間はもっともっと増えていくのかな」(48歳、実働29年で引退した元鉄腕左腕。40歳を迎える心境についての金言でした)

▽楽天小山投手コーチ「はっきり言います。だまされました。初登板で120点満点の投球でした。この投球を続けていれば、面白い存在になると思います」(ルーキー内間が1回3奪三振と好投。ブルペンとはだいぶ違ったようで…)

▽楽天ブセニッツ「いつ来日したかも覚えてないくらい、2週間はつらかった。本当に退屈な日々だったので、チームメートと楽しくおしゃべりできて、野球ができたことがうれしかった」(隔離期間を終え1軍キャンプに合流。相当なストレスだったようです)

▽巨人宮本投手チーフコーチ「どっちが強い球を投げられるか。一流は3球続けられる」(ブルペンで今村と高橋が投球練習。先発ローテを争う2人の左腕に)

▽巨人原監督「眠っているのは田口ぐらいだな」(今村、高橋の左腕2人の好投を見届けた後、右太もも裏の張りで離脱中の左腕に言及。「ケガ=職場放棄」が持論です)

<本日の…#ベスト語録>

▽日本ハム吉田「アイツを抑えられたらニュースに取り上げられるので。しっかり抑えたい」(沖縄・名護での試合前に中日根尾と再会。18年ドライチ仲間との対戦を心待ちにしてました)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加